ホーム > 県政情報 > 選挙・政治団体 > 選挙制度 > 指定施設における不在者投票

ここから本文です。

更新日:2019年7月7日

指定施設における不在者投票

このページは、県選挙管理委員会が不在者投票ができる施設として指定する病院や老人ホーム等に入所中の方、職員の方向けのページです。

   なお、病院等の指定施設以外で、選挙人(個人)が行う不在者投票の方法等につきましては、お住まいの市や町の選挙管理委員会へお問い合わせください。

選挙における投票と不在者投票について

選挙の投票は、選挙の当日に、決められた投票所で行うことが原則ですが、業務の都合や病気等のため選挙の当日に投票所に行けない方のための制度として、不在者投票制度が設けられています。

指定施設における不在者投票は、この不在者投票制度のひとつとして、都道府県の選挙管理委員会が指定する病院や老人ホーム等に入院・入所中の方が、その施設内で、その施設の長(病院長や施設長。不在者投票事務では不在者投票管理者と呼びます。)の管理の下で、投票をすることができる制度です。

なお、令和元(2019)年5月28日時点の栃木県内の不在者投票指定施設は次のとおりです。

 不在者投票のできる指定施設一覧 (PDF:468KB)不在者投票のできる指定施設一覧(エクセル:117KB) 

令和元年7月21日執行参議院議員通常選挙の不在者投票について

 令和元年7月21日執行の参議院議員通常選挙における指定施設向けの「不在者投票の手引」等は次のページからダウンロードいただけます。

 令和元年7月21日執行参議院議員通常選挙について(指定施設向け)

平成31年4月執行統一地方選挙の不在者投票について

 平成31年4月7日執行の栃木県議会議員選挙並びに4月21日執行の市町の長及び議会議員選挙における指定施設向けの「不在者投票の手引」等は次のページからダウンロードいただけます。

 平成31年4月執行統一地方選挙について(指定施設向け)

外部立会人の導入について

不在者投票管理者は、市町村選挙管理委員会が選定した者(いわゆる外部立会人)を投票に立ち会わせるなどの方法により、不在者投票の公正な実施の確保に努めなければならないとされています。

指定施設の不在者投票管理者におかれましては、外部立会人の積極的な導入をお願いします。

外部立会人の導入に関する手引き等を掲載しておりますので、ご活用ください。

また、ご不明の点については、お気軽に最寄りの選挙管理委員会にお問合せください。

 外部立会人導入の手引

指定施設における外部立会人の導入手続きについての手引書です。

 外部立会人の選定については、施設が所在する市町選挙管理委員会にご依頼ください。

 外部立会人導入手続きについて(PDF:505KB)

関係様式類

外部立会人の手続きおいては、次の各様式をご利用ください。

外部立会人選定依頼書

 市町選挙管理委員会に、外部立会人の選定を依頼するための様式です。

 市町選挙管理委員会にあらかじめ電話連絡のうえ、FAX等で送付してください。

使用方法は、手引書の3をご覧ください。

 選定依頼書(PDF:36KB) / 選定依頼書(ワード:31KB)

外部立会人に係る報告書兼請求書

 外部立会人が立会いを行い、立会人に謝金を支払った場合に、その経費を選挙管理委員会に請求する際に使用する様式です。

 使用方法は、手引書の5をご覧ください。

 報告書兼請求書(PDF:175KB)報告書兼請求書(ワード:44KB)

 選挙管理委員会一覧

県内選挙管理委員会一覧(PDF:88KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

選挙管理委員会

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階

電話番号:028-623-2126

ファックス番号:028-623-3924

Email:senkyo@pref.tochigi.lg.jp