重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2010年11月30日

ここから本文です。

多重債務者対策連絡会議

国の多重債務問題改善プログラム(平成19年4月20日多重債務者対策本部決定)を踏まえ、本県における多重債務者対策を推進するため、庁内各課等からなる連絡会議を設置しています。

 多重債務者対策の取組について 

1.貸金業法改正と多重債務問題改善プログラムの策定

 主な改正点は、(1)貸金業の適正化、(2)総量規制の導入、(3)貸付上限金利の引下げであるが、これらが実施されると高リスク者への貸付が抑制され、多くの多重債務者が借入先を見つけられず、生活困難に陥るのではないかと危惧されるため、多重債務者対策として、「多重債務問題改善プログラム」が政府により決定された。

2.多重債務問題改善プログラムのポイント

(1)多重債務者からの相談に対応する体制の充実

(2)借りられなくなった人に対するセーフティネット貸付の提供

(3)多重債務者発生予防のための教育の充実

(4)悪質登録業者の監督、ヤミ金の撲滅に向けた取締

3.プログラムにおける県の役割を踏まえた今後の主な取り組み

 (1)関係課からなる庁内連絡会議の設置(平成19年7月10日)

 (2)県域での関係機関からなるネットワークの構築

 (3)市町村における相談窓口の設置、相談体制の充実を要請、支援

 (4)既存のセーフティネット(生活保護、各種貸付等)の適正運用

 (5)学校等における金融経済教育の強化

 (6)ヤミ金の撲滅に向けた取締りの強化

 

多重債務問題改善プログラムの概要(PDF:213KB)

多重債務者対策連絡会議設置要領

 

お問い合わせ

くらし安全安心課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-3242

ファックス番号:028-623-2182

Email:seikatsu@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告