重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2021年3月29日

ここから本文です。

外来種「コカナダモ」について

  コカナダモは、もともと北米に生育する『沈水植物』(水中で生育する植物)です。昭和初期に、実験用の植物として持ち込まれたものが、野外に逸出し、主に関東以西に広がっています。
  コカナダモは、在来沈水植物との間で生育地が競合するなどといった影響を及ぼしてしまいます。

県内での駆除事例

  奥日光の湯ノ湖では、水質の保全、景観の維持、湖の生態系の保全、の3つの観点から、コカナダモの刈り取りが毎年行われています。
  詳細は下記リンクを参照してください。
    湯ノ湖の水草「コカナダモ」の刈取りを行いました。
    湯ノ湖における沈水植物調査

※コカナダモは、環境省が策定した『我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト』において「重点対策外来種」に選定されています。

 

お問い合わせ

自然環境課 自然保護担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-3207

ファックス番号:028-623-3212

Email:shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp