重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2014年2月28日

ここから本文です。

特定健康診査・特定保健指導

 

 新型コロナウイルス感染症の影響により、特定健診の受診を控える方がいらっしゃいますが、特定健診は生活習慣病を予防するために必要なものです。健診機関においては、感染症対策に配慮した上で健診を行っておりますので、受診を控えることなく、特定健診を受けましょう!

 

 日本人の生活習慣の変化や高齢者の増加等により、近年、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群が増加しており、生活習慣病を原因とする死亡は、全体の約3分の1にものぼると推計されています。            

 生活習慣病は、一人一人が、バランスの取れた食生活、適度な運動習慣を身に付けることにより予防可能です。

 平成20年4月から始まっている、生活習慣病予防のための新しい健診・保健指導の積極的な利用をお願いします。

特定健診とは

 日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診を行います。

厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

特定保健指導とは

 特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートをします。

特定健康診査・特定保健指導関連情報

 各市町の特定健康診査・特定保健指導の日程や、栃木県の状況等がご覧いただけます。

 

お問い合わせ

健康増進課 健康長寿推進班

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3094

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告