重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 健康・保健衛生 > 健康福祉センター > 県南健康福祉センター及び栃木健康福祉センターのホームページ > センターからのお知らせ > 冊子:「精神科に入院している仲間へ 元気ですか?~希望への道しるべ~」を作成しました

更新日:2018年2月20日

ここから本文です。

冊子:「精神科に入院している仲間へ 元気ですか?~希望への道しるべ~」を作成しました

 当センター主催平成29年度栃木県県南圏域精神障害ピアサポーター交流会で、ピアサポーター達が自分たちの入院経験や退院後の経験から、精神科に入院している方の力になれることはないかと考え冊子を作成しました。御活用ください。

冊子:「精神科に入院している仲間へ 元気ですか?~希望への道しるべ~」(PDF:377KB) 

☆ピアサポートについて☆

○「ピア(peer)」とは?

 仲間・同輩・対等者などの意味です。たとえば、民生委員同士、男性同士、職員同士、病気を経験した者同士などのことです。   

○「ピアサポート」とは?

 仲間同士の支え合いの営みすべてで、「対等な関係」のことを言います。同じ問題や環境を体験する人が対等な関係で支え合うことです。 例)依存症グループ、がん患者のピアサポート

○「ピアサポーター」とは?

 精神保健福祉分野におけるピアサポーターは、自らの人生経験や精神疾患を経験していることを活かして、同じ精神障がいを持つ人の回復(リカバリー)を支援したり、リカバリーストーリーを発表し、当事者の思いの代弁者となったり、精神障がいについての正しい理解を促す活動をしています。

 

お問い合わせ

県南健康福祉センター 健康支援課

〒323-0811 小山市犬塚3-1-1 小山庁舎

電話番号:0285-22-6192

ファックス番号:0285-22-8403

Email:kennan-kfc@pref.tochigi.lg.jp