更新日:2023年1月20日

ここから本文です。

警察署長メッセージ

imaiti matuo

   今市警察署長
      松尾 秀和

 今市警察署長の松尾でございます。謹んで、新年のご挨拶を申し上げます。
 旧年中、皆様からいただいた各種警察活動へのご理解とご協力に関しまして、厚く御礼申し上げます。
 それでは、令和4年中の今市警察署管内における治安情勢等についてご説明いたします。
 管内における刑法犯認知件数は、208件(暫定数値)で、前年同期比で5件ほど減少しました。
 管内の刑法犯認知件数の最高値は、平成14年に記録した1,137件です。平成15年以降減少を続けてきましたが、令和2年に年間188件を記録して以降、微増微減を繰り返し、概ね200件前後で推移している状況です。
 このような中、特殊詐欺被害を4件認知しており、残念ながら、前年比で3件増加という結果となりました。
 特殊詐欺は、ほとんどのケースにおいて、「アポ電」と呼ばれる「予兆電話」が入ります。アポ電は、何らかの名簿などを基に、特定の地域一帯の家庭の固定電話(家の電話)にかかってくるケースが多く見られます。例えば、皆様のご自宅にアポ電が入った場合、周辺のご家庭にもアポ電がかかっており、実際に被害に遭ってしまう可能性があります。このため、アポ電と思われる電話があった場合には、警察への早期の通報にご協力をお願いします。
 次に管内の人身交通事故の発生件数と負傷者数は、69件、89人で、前年比で18件、17人減少しております。
 管内における人身交通事故発生件数と負傷者数の最高値は、平成6年に記録した585件、732人ですので、平成6年当時と比べて、件数、負傷者数ともに8分の1程度まで減少したことになります。
 しかしながら、交通死亡事故は2件発生し、2人の方の尊い命が失われました。2人の方はいずれも高齢者でした。
 今市警察署では、今年も昨年末に引き続き、「子供や高齢者に優しい3S運動」に取り組んでまいります。季節は、1月2月の厳冬期に入りました。降雪時、路面凍結時の運転には、細心の注意を払いましょう。朝はフロントガラスの霜を落としてから出勤しましょう。「前照灯の早め点灯(ライトフォー)」「夜間は原則ハイビーム」について取組の趣旨をご理解の上、ご協力をお願いします。
 なお、昨年1月19日に認知しました「日光市長畑地内における死体遺棄事件」については、未解決のまま、約1年が経過してしまいました。被害者の無念を晴らすため、また、死体発見現場周辺の住民の皆様の不安を解消するためにも、一日でも早い事件の解決に向け、継続して捜査を尽くしてまいりますので、何らかの情報をお持ちの方は、当署捜査本部まで情報提供をお願いします。
 今年も、管内の安全で安心な街づくりに署員一丸となって取り組んでいく所存でございます。今市警察署の活動に、昨年に引き続きのご理解、ご協力をお願いいたしまして、新年の挨拶とさせていただきます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                                                                                     令和5年1月20日

お問い合わせ

今市警察署

日光市今市1378-1

電話番号:0288-23-0110