ここから本文です。

更新日:2010年11月30日

とちぎの元気な森づくり憲章

-見直そう「森と木の文化」     引き継ごう「とちぎの元気な森」-

 私たちは、古くから暮らしの中で森や木材と深く関わり、森と木の文化を育んできました。先人の長年の努力により守り育てられてきた森は、県民みんなの財産として健全な状態で、次の世代に引き継いでいかなければなりません。
 そのため、県民一人ひとりが森の大切さに気づき、荒廃した森の現状を理解し、新たな森づくり活動に取り組んでいくことが必要です。
 私たちは、本県の森に元気を取り戻し、未来に贈るため、県民全員が考え、行動できるよう 「とちぎの元気な森づくり憲章」 を制定します。

 

 私たちは、

1 森からの恵みに感謝し、語り合い、森への理解を深めます。

2 暮らしや環境を守るため、元気な森づくりを進めます。

3 木の文化を見つめ直し、暮らしの中で木材の活用に努めます。

4 みんなの理解と協力の輪を広げて、元気な森をつくります。

5 100年後の未来のために、すべての生きものが豊かに生きられる元気な森を残します。

 

 私たちは、 「森と木の文化」 を見直すとともに、それぞれの立場で、 「とちぎの元気な森づくり」 に参加し、 「森からの恵み」 を後世に伝えます。

 

 

2008年3月25日 提唱

栃木県・とちぎの元気な森づくり県民会議

 

活動者ごとの行動目標の提案

 とちぎの元気な森づくり県民会議では、今後、県民がそれぞれの立場で自発的な行動が起こせるよう、運動を進めて参ります。

区分 行動目標
県民 森の大切さに対する理解を深めます。
・森林環境学習に積極的に参加します。
・森づくり活動に積極的に参加します。
・木材の良さに対する理解を深めます。
・県産材や県産木製品を積極的に利用します。
森づくり活動団体 森づくり活動を実践します。
・地域の人々の森づくりに対する意識を高めます。
・関係者と連携して森づくりを進めます。
森林・林業・木材
産業関連団体
計画的な森づくりを実践します。
・持続的な林業経営を目指します。
・林業技術者の確保に努めます。
・木材の良さとその利活用をPRします。
・良質な木材を安定的に提供します。
行政機関 元気な森づくりのための施策を進めます。
・県民と一緒に元気な森づくりを進めます。
・森づくりの情報を積極的に提供します。
・森づくりへの県民の参加を支援します。
・下流域の人々も参加する森づくりを進めます。

お問い合わせ

環境森林政策課 環境立県戦略室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3294

ファックス番号:028-623-3259

Email:kankyo-shinrin@pref.tochigi.lg.jp