ホーム > くらし・環境 > 自然・動植物 > 自然保護・生物多様性 > 外来種 > クビアカツヤカミキリの発見と被害発生について

ここから本文です。

更新日:2017年6月29日

クビアカツヤカミキリの発見と被害発生について

栃木県内のクビアカツヤカミキリの発見及び被害状況について

クビアカツヤカミキリは、サクラやモモ、ウメなどバラ科を中心とした多種の樹木を加害することで知られる外来種です。

県内では、平成28年7月に足利市で初めて発見され、平成29年6月下旬に、佐野市及び足利市のモモ及びスモモで被害が初めて確認されて以降、県南部で発見が相次いでいます。

幼虫が生木に加害することで樹木を衰弱させて、落枝や倒木等の人的被害が発生する恐れがあるとともに、農作物や生態系に被害が拡大するおそれがありますので、クビアカツヤカミキリを見つけた場合は逃がさずに捕殺するとともに、お近くの環境森林事務所又は自然環境課までご連絡下さい。

クビアカツヤカミキリについて

 原産地

中国、台湾、朝鮮半島、ベトナム北部など

 体長・体色

成虫の体長は、約2.5から4センチ。全体的に光沢のある黒色で胸部(首部)が赤い。

海外では胸部(首部)が黒い個体も確認されている。

                        

成虫1  成虫

被害・生態

幼虫が生木に食入・加害することで樹木を衰弱させる。幼虫が生木の内部を摂食(その際、フラス(虫糞と木屑が混ざったもの)を排出)し、樹木内で2~3年かけて成長、蛹となり、我が国の発生地では6月中旬~8月上旬頃に成虫となって樹木の外に出る。雌成虫は、交尾後、幹や主枝の樹皮の割れ目に産卵する(8~9日後にふ化)。

寄主植物

サクラ、セイヨウスモモ、ウメ、モモ、カキ、オリーブ、ハコヤナギ、ザクロ、コナラ、ヤナギなど

調査・防除方法

幼虫の食入孔を見つけた場合は、針金を食入孔に差し込むことによる刺殺に努め、羽化した成虫の分散防止と新たな産卵を防止するために、羽化期から成虫の産卵時期にあたる6~8月に、ネット(防鳥ネットとして利用されているもの、目開き4mm以下)等を樹幹に巻き付けてください。この際、幹とネットの間が密着していると食い破るため、幹に密着させないように巻いて下さい。ネットの中の成虫は速やかにハンマー等で撲殺し、ネットの外の成虫は捕殺します。捕獲する際、刺激臭を放つ場合がありますので手袋をするなどご注意下さい。

なお、複数の食入孔や脱出孔が確認された樹木については、確認できない食入孔があるなど、当該樹木からの個体の完全な排除は困難であるため、成虫が拡散しないような措置を取った上で、伐倒等を検討します。(※食入孔が見つかると多くの場合、根まで侵入している可能性が高くなります。)

伐倒した木については放置せず、さらなる拡散を防ぐために、適切に処理を行う必要があります。

また、当該種による加害が進むと、落枝、倒木等による人的被害が発生するおそれがあるとともに、枯死した樹木を安易に移動させることは、当該種が拡散し、被害の拡大につながるので注意が必要です。

【排出されたフラス】

フラス1   フラス2

【食害と脱出孔】

脱出孔1   脱出孔2

防除対象とした薬剤 

※農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認のうえ正しくご使用下さい。

【幼虫を対象としたもの】

農薬の種類

農薬の名称

主な適用作物名

フェンプロパトリンエアゾル ベニカカミキリムシエアゾール ウメ、モモ、サクラ、果樹類*
フェンプロパトリンエアゾル ロビンフッド 

ウメ、モモ、サクラ、果樹類*

 *かんきつ、りんご、なし、びわ、もも、うめ、おうとう、ぶどう、かき、マンゴー、いちょう(種子)、くり、ペカン、アーモンド、くるみ、食用つばき(種子)を除く

 

【成虫を対象としたもの】

農薬の種類

農薬の名称

適用作物名

ボーベリア ブロンニアティ剤 バイオリサ・カミキリ 果樹類          
MEP乳剤 スミパイン乳剤 樹木類      

  

参考

病害虫発生予察特殊報第2号(栃木県農業環境指導センター)(外部サイトへリンク)

Aromia bungii(クビアカツヤカミキリ)に関する注意喚起及び情報提供依頼について(環境省)(PDF:140KB)

クビアカツヤカミキリ(Aromia bungii)について(環境省)(PDF:264KB)

クビアカツヤカミキリに関する県内の市町のHP情報

足利市(外部サイトへリンク)

佐野市(外部サイトへリンク)

問い合せ先

相談窓口

所在地

電話番号

管轄区域

県西環境森林事務所 日光市瀬川51-9 0288-21-1178 鹿沼市、日光市
県東環境森林事務所 真岡市田町1568 芳賀庁舎 0285-81-9001 宇都宮市、真岡市、上三川町、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町
県北環境森林事務所 大田原市中央1-9-9 那須庁舎 0287-23-6363 大田原市、那須塩原市、那須烏山市、那須町、那珂川町
県南環境森林事務所 佐野市堀米町607 安蘇庁舎 0283-23-1441 足利市、栃木市、佐野市、小山市、下野市、壬生町、野木町
矢板森林管理事務所 矢板市鹿島町20-22 塩谷庁舎 0287-43-0427 矢板市、さくら市、塩谷町、高根沢町
自然環境課 宇都宮市塙田1-1-20 028-623-3207  

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

自然環境課 自然保護担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-3207

ファックス番号:028-623-3212

Email:shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp