ホーム > 福祉・医療 > 社会福祉・地域福祉 > バリアフリー > おもいやり駐車スペースつぎつぎ事業(パーキングパーミット制度)について

ここから本文です。

更新日:2016年6月1日

おもいやり駐車スペースつぎつぎ事業(パーキングパーミット制度)について

 

 ・おもいやり駐車スペース よくある質問

 ・おもいやり駐車スペース利用証 交付窓口

 ・おもいやり駐車スペース 協力施設の申出について

おもいやり駐車スペースつぎつぎ事業とは

 多くの人が利用する店舗や病院などの施設には、身体に障害のある方などのための駐車スペースが設けられるようになりました。一方この駐車スペースを確保しておくための統一ルールがなかったため、県内に共通する利用証を交付することにより、障害者等用の駐車場を利用できる方を明らかにし、本当に必要な人のために駐車スペースを確保する「おもいやり駐車スペースつぎつぎ事業」を平成20年9月から実施しています。

 施設管理者の皆様の協力もあり、協力スペース数は増加しておりますが、健常者による不適切利用も依然として多いのが現状です。

 「おもいやり駐車スペース」は、障害者や高齢者、妊産婦などの歩行が困難な方のためのスペースです。
 歩行が困難でない方は、駐車をご遠慮ください。

   

 おもいやり駐車スペース利用証

     障害者・要介護高齢者等用   妊産婦・難病患者・傷病人等用

   (有効期限なし)       (有効期限あり)

障害者等の利用証には有効期限があります。妊産婦等の利用証には有効期限があります。

※駐車スペースを利用する時に、ルームミラーにかけて外から見えやすいように掲示してください。

※本利用証は、道路上に設置された高齢運転者等専用駐車区画への駐車を可能にするものではありませんのでご注意ください。(栃木県警察HP

 利用できる方

  • 身体障害者   身体障害者手帳の障害の等級が次の表に該当する方
視覚障害  1級から4級
聴覚障害  該当なし
平衡機能障害  3級、5級
音声言語機能障害  該当なし
肢体不自由 上肢 1級、2級
下肢 1級から6級
体幹 1級から3級、5級
脳原性の運動機能障害  上肢機能 1級、2級
移動機能 1級から6級
心臓機能障害  1級、3級、4級
じん臓機能障害  1級、3級、4級
呼吸器機能障害  1級、3級、4級
ぼうこう又は直腸機能障害  1級、3級、4級
小腸機能障害  1級、3級、4級
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害  1級から4級
肝臓機能障害 1級から4級

 

  • 知的障害者   療育手帳の障害の程度が「A」の方 
  • 精神障害者   精神障害者保健福祉手帳の等級が「1級」の方 
  • 高齢者     介護保険被保険者証の要介護状態区分で「要介護1」から「要介護5」の方
  • 難病患者    指定難病特定医療費受給者証または小児慢性特定疾病医療受給者証をお持ちの方
            ※慢性関節リウマチ患者の方も対象となる場合があります。
             詳しくは、県保健福祉課、健康福祉センター、宇都宮市保健所にお問い合わせください。                                                                           
  • 妊産婦     妊娠7ヶ月から産後1年の方
  • 傷病人     医療機関を受診しており、歩行困難が認められる方

けがや病気により一時的に歩行が困難な方については、平成28年6月より利用証の交付対象となりました。
 


利用できる駐車場 (協力施設を募集しています。)

  公共的な施設等の障害者等用駐車区画及び、施設の入口付近にある通常幅の駐車区画のうち、「おもいやり駐車スペース」として協力の申し出をいただいた駐車場が対象となります。

  おもいやり駐車スペース 協力施設一覧(PDF:316KB)

  協力施設の募集については、「おもいやり駐車スペース 協力施設の申出について」をご覧ください。

   駐車スペース表示板      

  ※協力施設には「おもいやり駐車スペース」の表示があります。  協力施設ステッカー

利用証の交付窓口 

  県、市町及び障害者団体に交付窓口を設置しています。       利用証交付窓口一覧  

  ※受付時間等は窓口により異なりますので、各窓口にお問合せください。

 

【記入が必要なもの】

(様式第3号)栃木県おもいやり駐車スペース利用証交付申請書

 PDF(PDF:125KB) (エクセル:19KB)

 ※傷病人の方で利用証の交付を希望する場合には、医療機関で「(様式第3号)栃木県おもいやり駐車スペース利用証交付
  申請書」の医師記入欄に医師により必要事項を記入していただくか、診断書等を交付申請窓口に提出していただくことで
  交付が可能となります。

 

持参いただくもの】  

 交付対象になる項目によって持参していただくものが異なります。

交付対象 持参していただくもの 
身体障害者の場合 身体障害者手帳
知的障害者の場合  療育手帳
精神障害者の場合 精神障害者保健福祉手帳
要介護高齢者の場合 介護保険被保険者証 
難病患者の場合

指定難病特定医療費受給者証
小児慢性特定疾病医療受給者証

妊産婦の場合  母子手帳 

傷病人の場合 

身分証明書(運転免許証、健康保険証など)
※栃木県おもいやり駐車スペース利用証交付申請書の医師記入欄に記入がない場合のみ、歩行困難であることを証明した
 診断書等が必要となります。

 

 

利用証の相互利用

  利用者の利便を図るため、同種の制度を実施する府県で交付された利用証は、相互に共通して利用することが可能です。平成28年4月20日より、この利用証相互利用実施自治体に長野県が加わり、下記35府県1市となりました。

利用できる施設など詳しい情報は各県のホームページをご覧いただくか、県保健福祉課までお問い合わせください。

   【北海道・東北地方】

  岩手県(外部サイトへリンク)  山形県(外部サイトへリンク)  福島県(外部サイトへリンク)

  【関東地方】 

  茨城県(外部サイトへリンク)  群馬県(外部サイトへリンク)  埼玉県川口市(外部サイトへリンク)

  【甲信越・北陸地方】

  新潟県(外部サイトへリンク)  石川県(外部サイトへリンク)  福井県(外部サイトへリンク)
  山梨県(外部サイトへリンク)  長野県(外部サイトへリンク)

  【東海地方】

  静岡県(外部サイトへリンク)  三重県(外部サイトへリンク)

  【近畿地方】

  滋賀県(外部サイトへリンク)  京都府(外部サイトへリンク)  大阪府(外部サイトへリンク)
  兵庫県(外部サイトへリンク)  奈良県(外部サイトへリンク)  和歌山県(外部サイトへリンク)

  【中国・四国地方】 

  鳥取県(外部サイトへリンク)  島根県(外部サイトへリンク)  岡山県(外部サイトへリンク)
  広島県(外部サイトへリンク)  山口県(外部サイトへリンク)  徳島県(外部サイトへリンク)
  香川県(外部サイトへリンク)  愛媛県(外部サイトへリンク)  高知県(外部サイトへリンク)

  【九州・沖縄地方】

  福岡県(外部サイトへリンク)  佐賀県(外部サイトへリンク)  長崎県(外部サイトへリンク)
  熊本県(外部サイトへリンク)  大分県(外部サイトへリンク)  宮崎県(外部サイトへリンク)
  鹿児島県(外部サイトへリンク)                   

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉課 地域保健担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3103

ファックス番号:028-623-3131

Email:hofuku@pref.tochigi.lg.jp