ここから本文です。

更新日:2013年11月26日

結核医療費の公費負担について

結核は継続して治療が必要な病気です。患者の皆さんが安心して医療を受けられるように医療費の公費負担を受けることができます。なお、結核の公費負担制度には、以下の2つがあります。

1 一般の結核患者に対する公費負担制度
(1) 対象者
肺結核、肺外結核にかかり、治療を必要とする方、初めて結核に感染された方
(2) 公費負担の内容
結核医療について100分の95までは患者加入の保険者と公費により負担され、残り5パーセントについては自己負担となります。
(3) 公費負担の対象となる医療機関
結核指定医療機関
(4) 申請に必要な書類
ア) 結核医療費公費負担申請書
イ) エックス線写真(申請前3か月以内の直接撮影写真)

2 入院勧告を受けた結核患者に対する公費負担制度
(1) 対象者
肺結核、肺外結核に罹患していて、まん延させる恐れがあると認められ、入院勧告を受けた方
(2) 公費負担の内容
医療費について、全額が患者加入の保険者と公費により負担されます。
※ただし、所得による自己負担の生じる場合があります。
(3) 公費負担の対象となる医療機関
結核指定医療機関で結核病床を有する医療機関
(4) 申請に必要な書類
ア) 結核医療費公費負担申請書
イ) 世帯調書
ウ) 患者の属する世帯全員の所得税額を証明する書類

お問い合わせ

 健康福祉センター又は保健所へお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康増進課 感染症・新型インフルエンザ対策担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3089

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp