ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 畜産振興課 > 家畜商の免許申請等について

ここから本文です。

更新日:2020年2月18日

家畜商の免許申請等について

家畜商とは、牛、馬、めん羊、山羊の売買、交換、あっせんといった取引を行う事業者のことをいいます。
家畜商になろうとする者は、住所地(法人の場合は本社所在地)の都道府県知事の免許を受けなければなりません。  

免許の申請

必要書類

  • 家畜商免許申請書(PDF:55KB) 
  • 栃木県収入証紙
    家畜取引に従事する者の人数によって金額が異なります。
    ア 申請者のみ:1,600円分
    イ 家畜取引に従事する従業員数が1人以上~4人以下:1,900円分
    ウ 家畜取引に従事する従業員数が5人以上:2,500円分
  • 家畜商講習会修了証の写し
  • 写真(2cm×3cm)及び本人(住所等)確認ができる書類の写し
  • 誓約書(PDF:85KB)※法人の場合は法人及び家畜取引に従事する従業者分
  • 事業所所在地の届出書(PDF:59KB)
  • (従業員を置く場合のみ)従業者調書(PDF:59KB)
  • (法人のみ)定款
  • (法人のみ)登記簿抄本

上記書類を県畜産振興課に提出してください。(郵送可)

営業保証金の供託

家畜商は、その営業活動の社会的安全を確保するため、営業保証金を住所の最寄りの供託所に供託しなければなりません。
上記の申請後、家畜商名簿への登録が完了しましたら、登録番号をお知らせしますので、営業保証金を供託してください。
家畜商営業保証金供託完了届及び供託書の写しを県に提出後、免許証を交付します。 

 その他の申請手続き

下記の手続きにおいても、必要書類を県畜産振興課に提出してください。(郵送可)

家畜商免許証の登録変更

氏名、住所、法人の代表者の変更等があったときは、県あてに申請する必要があります。

必要書類

家畜証免許証の再交付

破損や亡失したときは、再交付を受けることができます。

必要書類

免許の取り消し

廃業等の理由により、家畜商免許証を取り消すときは、申請をしてください。
なお、供託してある営業保証金を返還するには、名簿の登録の削除後、官報に掲載する必要があります。

必要書類

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

畜産振興課 生産流通担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2346

ファックス番号:028-623-2353

Email:chikusan@pref.tochigi.lg.jp

広告