ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 令和2(2020)年度事業の執行方針

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

令和2(2020)年度事業の執行方針

事業執行方針

 「とちぎ農業“進化”躍動プラン」及び「とちぎ水土里づくりプランⅢ」に基づき、担い手への農地集積・集約化や園芸大国とちぎづくりにつながる生産基盤の整備をはじめ、農業水利施設の計画的な保全・管理や農村地域の防災・減災対策などの強い農業の基盤づくりを推進するため、次の事項を重点的に実施するとともに、令和元年10月の「東日本台風」等により被災した農地や農業用施設等の早期復旧に引き続き取り組みます。

1 農業生産基盤整備の計画的な推進

   農地中間管理機構と連携した担い手への農地集積・集約化や土地利用型園芸の生産拡大を進めるため、水田の大区画化や汎用化、畑地の区画整理やかんがい施設の導入など、農業生産基盤の計画的な整備を推進します。
   また、更なる生産コストの低減に向けて、ICT等を活用したほ場水管理システムや排水路の暗渠化、地下かんがいシステム等の省力化技術の導入を推進します。

2 農業水利施設の適切な保全整備

   農業用水の安定供給や良好な排水条件の確保など、将来にわたって施設機能が発揮されるよう、頭首工、用排水機場などの水利施設の計画的な機能診断を行い、必要な整備や長寿命化対策を推進します。併せて、取水ゲートの自動化やICTを活用した遠隔操作等の水管理省力化技術の導入を推進します。

3 農村地域の防災・減災対策の推進

   災害発生の未然防止や農村地域における防災力の強化を図るため、ため池や排水機場などの防災機能を有する施設の整備を推進するとともに、ため池の管理・監視体制の強化や機能診断、ハザードマップの作成・公表を進めます。

4 土地改良区の運営強化

   「栃木県土地改良区運営強化推進計画」に基づく土地改良区の統合整備を推進するとともに、改正土地改良法の施行を踏まえた土地改良施設の資産評価や定款変更など土地改良区への指導と支援体制を強化します。

5 国営土地改良事業地区の推進

   国営土地改良事業である、かんがい排水事業栃木南部地区や本年度着工する施設応急対策事業鬼怒川南部地区の円滑な実施に向けて、国や関係市町・土地改良区と連携しながら事業を推進するとともに、芳賀台地地区などの国営事業完了地区における事業効果を高めるため、関係市町・団体等が進める収益力の高い営農体系への転換などの取組を支援します。

 

農地整備課ホームに戻る

お問い合わせ

農地整備課 調査計画担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-2360

ファックス番号:028-623-2378

Email:nochi-seibi@pref.tochigi.lg.jp

広告