ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 河内農業振興事務所 > 技術・栽培 > 【二条大麦】適期播種・適正な栽培管理(麦踏み等)が麦の生育を決める!

ここから本文です。

更新日:2019年9月10日

【二条大麦】適期播種・適正な栽培管理(麦踏み等)が麦の生育を決める!

  二条大麦の播種時期は季節予報等を確認し、適期播種(県中部は11月6~15日)を実施しましょう。適期より播種が早いと①春先の凍霜害を受ける可能性が高くなる ②整粒歩合が低く、容積重が軽くなる等の影響があります。また、適期より播種が遅いと①凍上害や倒伏が発生しやすい ②蛋白質含有率・硝子質粒が増加する等の影響があります。播種日は、暖冬予報の場合は5日遅らせ、寒冬予報の場合は5日早めるようにしましょう。

 麦踏みは過剰生育の抑制、分げつ旺盛、耐寒性向上などの効果があります。麦踏みを実施し、穂揃いをよくし、成熟ムラのない倒伏しにくい麦を栽培しましょう

詳しくは「河内麦づくり情報~栽培準備編~」(PDF:1,102KB)をご参照ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

河内農業振興事務所 農畜産課

〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎

電話番号:028-626-3074

ファックス番号:028-626-3071

Email:kawachi-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告