ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業試験場 > 果樹の盛土式根圏制御栽培法

ここから本文です。

更新日:2018年3月12日

果樹の盛土式根圏制御栽培法

    果樹の「盛土式根圏制御栽培法」(以下、根圏)は、地面に遮根シートを敷き、その上に培土を盛って樹を育成する技術です。技術確立が進む「なし」だけでなく、多くの樹種での応用展開が進んでいます。

果樹では、多くの樹種で、老木化・土壌病害などによる収量や品質の低下が深刻となっています。そこで、当場では「なし」での早期成園化・多収・軽労化・土壌病害対策などメリットが多い「根圏」を開発し、普及を進めています。
さらに、栃木県内外から、「なし」以外の樹種での技術開発の要望が多く寄せられたことから、都県の研究機関や企業とコンソーシアム(共同の研究会)を組織し、平成28年度から多くの樹種での実用性について検討しています。

果樹の根圏制御栽培法導入マニュアル NEW

※画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。 

 

基礎編

導入マニュアル基礎編

(PDF:4,450KB)

樹種編

導入マニュアル樹種編

(PDF:2,693KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業試験場 果樹研究室

〒320-0002 宇都宮市瓦谷町1080

電話番号:028-665-7143

ファックス番号:028-665-7892

広告