ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業試験場

ここから本文です。

更新日:2020年11月26日

栃木県農業試験場

あじさい新品種 

ようこそ栃木県農業試験場ホームページへ
当場のホームページにアクセスいただきありがとうございます。このホームページでは、農業者の皆様に役立つ          試験研究の成果はもちろんのこと、消費者の方々にも農業試験場を身近に感じてもらえるような情報の提供に努め          てまいります。                                 

                                             農業試験場長

技術支援プログラム

 

研究成果

(外部サイトへリンク)

農試ニュース

 

生育概況

 

 なし根圏制御栽培シリーズ←根圏制御栽培法に関する情報はこちらから

 農試ニュース400

新着情報

試験研究の成果

品目別、分類別の成果

成果集の課題を品目別、分野別に分類してあります。

水稲 麦類 大豆 畑作物  
いちご トマト なす にら 露地野菜
なし ぶどう その他果樹 花き(切り花)  花き(鉢物)
病害虫 土壌肥料 有機農業 環境保全  
放射性物質 農薬 生物工学 経営 養蚕

栃木県農業試験場の知的財産(育成品種・特許)

栃木県の育成品種のページ

作物の生育概況

⇒作物の生育概況のページ     

農試の四季

 場内の木々も色づきました

場内には本館周辺に広葉樹が多数植栽されており、木々が色づきました。

イチョウの黄色やカエデの赤が秋を演出しています。

紅葉2 紅葉1

 

 

空き地の芝生の中に、色づきはじめたチガヤに混じりツリガネニンジンと思われる花が秋の名残を惜しんで咲いていました。

 

ツリガネニンジン

                                                    (11月24日)

 トピックス  

 いちご顕彰碑がお披露目されました

いちご生産量が50年連続日本一となったことを記念する顕彰碑が8月21日、県庁でお披露目されました。

栃木県は昭和43(1968)年産から50年以上連続で生産量日本一となっており、その間「女峰」や「とちおとめ」などの全国的にも栽培されている品種を開発してきました。

顕彰碑は、JA全農とちぎと栃木いちご消費宣伝事業委員会が県に寄贈したもので、栃木県庁昭和館前庭に設置されました。大きないちごとベンチが組み合わされた形で、高さ2メートルとなっており、長く伸びたへたの軸は日本一の生産量を象徴しています。

「今後も目標に向かって努力し続ける」という思いを後世に永く伝えるため、「万里一空」という文字や、これまでに開発されたいちごの品種の名前が刻まれています。

 いちご顕彰碑

お知らせ

  • 農業試験場公開デー中止のお知らせ

  新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、8月に開催を予定しておりました農業試験場公開デーを

  中止することとしましたのでお知らせします。                             

農業試験場の案内

放射性物質対策への取り組み

当場の放射性物質対策への取り組みは、こちらでご紹介しています。

公的研究費の管理運営体制等について

公的研究費の適正な管理及び研究活動の不正行為防止を図るため、必要な事項を定めました。

リンク

栃木県内の試験研究機関

栃木県畜産酪農研究センター

栃木県水産試験場

その他

栃木県農業環境指導センター

とちぎファーマーズチャレンジネット とちぎファーマーズチャレンジネット(外部サイトへリンク)

農政部職員ブログ「栃木のうんまいもの食べ歩き」(外部サイトへリンク)

栃木県農政部ツイッター(外部サイトへリンク)

とちぎサイエンスらいおん(外部サイトへリンク)

 

 農業試験場の場所を地図で確認する(Google Maps)(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業試験場

〒320-0002 宇都宮市瓦谷町1080

電話番号:028-665-1241

ファックス番号:028-665-1759

Email:nougyou-s@pref.tochigi.lg.jp

広告