ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業試験場

ここから本文です。

更新日:2019年4月12日

栃木県農業試験場

 栃木県農業試験場トップページ

ようこそ栃木県農業試験場ホームページへ
当場のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
このホームページでは、農業者の皆様に役立つ試験研究の成果はもちろんのこと、消費者の方々にも農業試験場を身近に感じてもらえるような情報の提供に努めてまいります。

農業試験場長

⇒場長メッセージ

技術支援プログラム

研究成果
(外部サイトへリンク)

農試ニュース 生育概況
なし根圏制御栽培シリーズ←根圏制御栽培法に関する情報はこちらから

 

新着情報

試験研究の成果

品目別、分類別の成果

成果集の課題を品目別、分野別に分類してあります。

水稲 麦類 大豆 畑作物  
いちご トマト なす にら 露地野菜
なし ぶどう その他果樹 花き(切り花)  花き(鉢物)
病害虫 土壌肥料 有機農業 環境保全  
放射性物質 農薬 生物工学 経営 養蚕

栃木県農業試験場の知的財産(育成品種・特許)

栃木県の育成品種のページ

作物の生育概況

⇒作物の生育概況のページ     

農試の四季

 桜に雪が積もりました

 4月9日、当場前の桜並木が満開できれいでしたので写真を撮ったところ、翌日は雪に!
 桜は雪をかぶってとても寒そうです。農作物への影響も心配です。
 4月12日現在、寒さに耐えた桜はまだ見頃です。桜のトンネルになっていてとても綺麗ですよ。

桜並木
4月9日撮影  試験場前の桜並木
雪の桜
4月10日撮影 雪をかぶった桜

 

2019年4月12日

 トピックス 

前いちご研究所長 石原良行氏が緑白綬有功章を受章されました

 平成30年3月までいちご研究所長をされていました石原良行氏が、平成30年度大日本農会農事功績者表彰において、緑白綬有功章を受章されました。
 石原氏は、栃木県の主力品種であった「女峰」に代わるものとして、食味がよく果実が大きい促成栽培用品種の開発に携わり、「とちおとめ」の育成と普及に尽力されました。「とちおとめ」は現在でも全国1位の栽培面積を誇っています。
 また、トマト養液栽培において、環境負荷軽減技術として有機物培地を用いた排液を出さない養液栽培技術を開発し、農家経営の向上に大きく貢献されました。

石原氏

               石原良行氏

(2019.2.20)

 

 

お知らせ

農業試験場の案内

放射性物質対策への取り組み

当場の放射性物質対策への取り組みは、こちらでご紹介しています。

公的研究費の管理・監査体制と不正使用・不正行為防止について

栃木県農業試験場における競争的資金等に係る適正な管理・監査及び研究活動の不正行為への対応等に関する基本方針

リンク

栃木県内の試験研究機関

栃木県畜産酪農研究センター

栃木県水産試験場

その他

栃木県農業環境指導センター

とちぎファーマーズチャレンジネット(外部サイトへリンク) とちぎファーマーズチャレンジネット(外部サイトへリンク)

農政部職員ブログ「栃木のうんまいもの食べ歩き」(外部サイトへリンク)

栃木県農政部ツイッター(外部サイトへリンク)

とちぎサイエンスらいおん(外部サイトへリンク)

 

 農業試験場の場所を地図で確認する(Google Maps)(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業試験場

〒320-0002 宇都宮市瓦谷町1080

電話番号:028-665-1241

ファックス番号:028-665-1759

Email:nougyou-s@pref.tochigi.lg.jp

広告