ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 県土整備部 > 河川課 > 緊急速報メールによる洪水情報の配信について

ここから本文です。

更新日:2020年3月16日

緊急速報メールによる洪水情報の配信について

緊急速報メールによる洪水情報の配信を開始します

 栃木県では、洪水の危険性が高まったときに、住民等の主体的な避難等の防災行動を促すため、携帯電話事業者が提供する「緊急速報メール※」による洪水情報の配信を開始します。

※緊急速報メールは、気象庁による緊急地震速報等や国・地方公共団体による災害・避難情報等を特定のエリア内の対応端末(スマートフォン・携帯電話)に一斉に配信するものです

 リーフレット「緊急速報メール(洪水情報)」(PDF:661KB)

配信開始日

 令和2(2020)年4月1日(水)

配信対象河川及び配信エリア

配信対象河川

 栃木県が管理する洪水予報河川(小貝川、五行川、田川、思川、姿川、黒川、永野川、秋山川、袋川、那珂川、逆川、荒川、箒川、蛇尾川、余笹川 の15河川)

配信エリア

 県内22市町(日光市、塩谷町、高根沢町を除く市町)で、配信対象河川毎に配信する市町が異なります。

 詳細はこちらから【緊急速報メールによる洪水情報の配信先一覧】(PDF:43KB)

配信対象者

  配信エリア内のスマートフォン・携帯電話(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク等)のユーザー

配信する情報

 配信対象河川において、「河川氾濫のおそれがある(氾濫危険水位を超えた)情報」及び「河川氾濫が発生した情報」を配信

配信情報

配信契機

河川氾濫のおそれがある情報

【警戒レベル4相当情報】

配信対象河川の基準水位観測所の水位が氾濫危険水位に到達し、「氾濫危険情報」が

発表された時

河川氾濫が発生した情報

【警戒レベル5相当情報】

配信対象河川の予報区域において、堤防の決壊又は越水・溢水により氾濫が発生し、

「氾濫発生情報」が発表されたとき

 

配信にあたっての留意事項

 洪水情報の緊急速報メールを受信しましたら、防災行政無線、テレビ、ラジオ等で市町からの避難情報を確認し、各自で安全を確保するよう防災行動をとってください。

洪水情報に関すること

・水位情報は、「とちぎリアルタイム雨量河川水位観測情報」や「川の水位情報」等で各自ご確認ください。

・メール受信後、時間が経過すると河川の状況は変化し、配信したメールの内容と異なることとなります。

・「河川氾濫が発生した情報」についてのメール配信は、栃木県が氾濫を把握した後の配信となります。

緊急速報メールに関すること 

・携帯電話事業者毎の基地局や通信システムの関係により、配信対象となる市町よりも広範囲のエリアに緊急速報メールが配信されることがあります。

・携帯電話等の電源が入っていない場合や、圏外、電波状況の悪い場所、機内モード時、通話中、パケット通信中の場合は受信することができません。

・ご利用の機種により、緊急速報メールに対応していない場合があります。

・緊急速報メールを受信するために、受信設定が必要な場合があります。詳細については、各携帯電話事業者のホームページよりご確認ください。

 NTTドコモ(外部サイトへリンク)

 KDDI(外部サイトへリンク)

 ソフトバンク(外部サイトへリンク)


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

河川課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2439

ファックス番号:028-623-2441

Email:kasen@pref.tochigi.lg.jp

広告