ホーム > 社会基盤 > まちづくり > 景観・屋外広告物 > 「平成29年度栃木県屋外広告の日キャンペーン」を開催しました。

ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

「平成29年度栃木県屋外広告の日キャンペーン」を開催しました。

 9月10日の「屋外広告の日」及び9月1日から10日までの「屋外広告物適正化旬間」の取組の一環として、官民が連携して屋外広告物に関する規制制度の周知及び安全点検、安全管理の普及啓発を行うことにより、屋外広告物の適正な表示と良好な景観形成に関する意識の高揚を図ることを目的とする「平成29年度栃木県屋外広告の日キャンペーン」を平成29年9月8日に開催しました。

1 参加者

屋外広告業者、屋外広告物行政担当者(栃木県、宇都宮市)計21名

2 内容

街歩き(宇都宮市中心部)

 3グループに分かれ、シンボルロード等の街歩きを行い、商店街の皆様に、啓発チラシ等を用いて屋外広告物に関する規制制度の周知や安全点検、安全管理の普及啓発を行いました。

 また、落下の危険性があると思われる広告物を発見した際は、直接商店主に改修が必要であることを説明しました。

街歩きエリア

  • シンボルロード~オリオンスクエア西側エリア

屋外広告の日キャンペーン2

 

  • 釜川エリア

屋外広告の日キャンペーン5

 

  • みはし通りエリア

屋外広告の日キャンペーン4

意見交換会 

 街歩きを通じて感じたこと等を踏まえ、行政及び屋外広告業者がそれぞれの立場から、屋外広告物の安全管理等について意見交換し、各グループの代表者からの発表を行いました。

屋外広告の日キャンペーン

(主な意見)

  •  昨年度のタウンミーティングで危険性を指摘した広告物が改修されていたため、この官民連携事業も意義のあるものになっていると感じた。
  •  今回、意識をして街歩きをして、まだまだ危険な広告物があったため、今後ともこのような事業を続けていき、安全管理の大切さを伝えていきたい。
  •  「ビルの持ち主」、「看板の所有者」、「実際に看板を出している広告主」といった、看板の権利関係が複雑な場合に、誰に説明や普及啓発をするのかという点は今後の課題であると感じた。

お問い合わせ

都市計画課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2463

ファックス番号:028-623-2595

Email:toshikei@pref.tochigi.lg.jp