ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 県土整備部 > 真岡土木事務所 > 真岡土木事務所 概要・執行方針

ここから本文です。

更新日:2017年10月10日

真岡土木事務所 概要・執行方針

活力と美しさに満ちた郷土「とちぎ」の実現を目指して…

  • 真岡土木事務所は、栃木県の南東部に位置し、真岡市、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町の1市4町で構成されています。東部は八溝山系に属する低山帯の山間地であり、中西部は平坦な市街地及び田園地帯です。
  • 管内には、平将門が合戦勝利を祈願したと伝えられる大前神社(真岡市)、天平9年(737年)紀有麻呂によって建立されたという独鈷山西明寺(益子町)、天仁2年(1225年)に親鸞上人が創建したとされる高田専修寺(真岡市)などの文化財が数多く点在しており、歴史的風土に恵まれた地域です。
  • 現在の主な産業は、農業をはじめ奈良時代に端を発するといわれる益子焼等の伝統工芸地場産業のほか、真岡市、芳賀町の工業団地を中心に立地している自動車部品産業、鉄鋼産業、化学産業、精密機器等のハイテク産業が中心となっています。
  • 平成23年3月には、北関東自動車道が全線開通したほか、平成25年度には、鬼怒川左岸の工業団地群を南北方向に結ぶ一般国道408号鬼怒テクノ通り、管内を横断する主要地方道宇都宮茂木線芳賀市貝バイパスがそれぞれ開通しました。これらの交通基盤が企業活動や地域間交流等様々に活用されることで、当地域のより一層の発展が期待されます。

管内位置図

管内位置図の画像

事務所の執行方針

基本方針

  • 計画的かつ円滑な業務の執行を図ります。
  • 市町との連携を強化するとともに、県民への説明責任の一層の徹底を図ります。

主な施策目標

道路整備

1.歩道整備

安全・安心な歩行空間を確保するため、小学校を中心とした半径1kmの範囲内にある通学路及び学童利用が多い国県道の歩道を重点的に整備します。

2.渋滞対策

主要渋滞ポイントである、主要地方道宇都宮向田線 芳賀町大塚工区などの改良を推進し、渋滞解消を図ります。

3.広域的な幹線道路の整備

広域的な交流・連携を促進するため、一般国道408号鬼怒テクノ通り(真岡南バイパス)をはじめとした広域道路の整備を推進します。

4.幹線道路整備

日常生活に必要な役場や地域生活施設へのアクセスを確保するため、主要地方道つくば益子線 益子町長堤工区など幹線道路の整備を推進します。

5.魅力ある生活空間形成

主要地方道宇都宮真岡線 真岡市荒町工区で電線類を地中化するなど、快適で魅力ある市街地の形成を図ります。

河川整備

1.水害防止のための河川改修

台風による豪雨など、河川の増水から生命、財産を守るため、河川整備を推進します。

2.土砂災害防止のための施設整備

土砂災害から生命と財産を守るため、砂防施設や急傾斜地崩壊対策施設の整備を推進します。

3.防災のためのソフト対策

土砂災害防止法に基づく警戒区域の指定や情報提供を行い、災害時における県民の安全確保に努めます。

公共施設の維持管理

公共施設の機能を保全するため、計画的かつ効果的な維持・管理に努めます。

適正かつ効率的な入札・契約の実施

一般競争入札や総合評価落札方式の拡大を図り、適正かつ公平・公正な入札・契約事務を実施します。

組織体制

 組織体制

栃木県に占める割合 

 栃木県に占める割合

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

真岡土木事務所

〒321-4305 真岡市荒町1171-4

電話番号:0285-83-8301

ファックス番号:0285-83-8319

Email:moka-dj@pref.tochigi.lg.jp