ホーム > 教育・文化 > 学校教育 > 高等学校 > 栃木県奨学のための給付金(公立)制度について(平成27年度)

ここから本文です。

更新日:2014年7月5日

栃木県奨学のための給付金(公立)制度について(平成27年度)

栃木県では、高等学校等の「授業料以外の教育に必要な経費」の負担軽減を目的として、一定の要件を満たす世帯(生活保護受給世帯・市町村民税所得割が非課税の世帯)に対し、給付金を支給します。 とちまるくんの画像

(貸与ではないので、返還不要です。) 

右向きの矢印こちらで該当するかチェックしてみてください 支給対象確認チャート(PDF:14KB)

  ※私立学校に在籍の場合は、文書学事課ホームページをご覧ください

1  支給対象者

当該年度の7月1日時点において、次の1~3の全てに該当する世帯の保護者等です。

  1. 保護者等が栃木県内に住所を有すること。
  2. 公立の高等学校、高等専門学校(第3学年まで)に在学する高校生等がいること。 (平成27年度は1~2年生が対象です) 
  3. 次のいずれかに該当すること。

ア)生活保護受給世帯であること(生業扶助が措置されていること)

イ)保護者全員の当該年度(前年所得分)の市町村民税所得割が非課税であること

 

支給対象の除外

高校生等が、「児童福祉法による児童入所施設措置費等国庫負担金について(平成11年4月30日厚生省発児第86号)」による措置費等の支弁対象となる高校生等であって、見学旅行費又は特別育成費(母子生活支援施設の高校生等を除く)が措置されている場合は、対象となりません。 

 

2  高校生等一人当たりの支給金額 

区分番号

世帯区分 全日制・定時制 通信制

(1)

生活保護受給世帯に扶養されている高校生等

32,300円

32,300円

(2)

市町村民税所得割が非課税である世帯に扶養されている高校生等   ( (1), (3)の場合を除く。)

37,400円

36,500円

(3)

市町村民税所得割が非課税である世帯に扶養されている2人目以降の高校生等 又は 15歳以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる高校生等の世帯 ((1)の場合を除く。)

129,700円

36,500円

  

3  支給の申請

給付金の支給には、申請が必要です。

必要書類を、持参または郵送にて、次の提出先に提出してください。

提出先及び提出期限

在籍する学校 提出先 提出期限
栃木県内の公立高等学校・高等専門学校 在籍する学校 学校の指定する日
栃木県外の公立高等学校・高等専門学校 栃木県教育委員会事務局総務課総務担当 7月31日

※県外の学校については、提出先が在籍する学校となる場合があります。

必要書類

区分番号 世帯区分 必要書類
(1) 生活保護受給世帯に扶養されている高校生等
(2)

市町村民税所得割が非課税である世帯に扶養されている高校生等   ( (1), (3)の場合を除く。)

(3)

市町村民税所得割が非課税である世帯に扶養されている2人目以降の高校生等 又は 15歳以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる高校生等の世帯 ((1)の場合を除く。)

 

 

 

4  支給の方法

支給された内容を審査し、支給決定の通知を郵送します。(10月中旬予定)

給付金の支給は、11月中旬を予定しており、口座届出書に記載された口座に、一括して振り込みます。

 

5  リーフレット・申請書記載例

 6  その他

奨学のための給付金制度は、保護者が在住している都道府県により、申請方法等が異なります。 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南別館4階

電話番号:028-623-3354

ファックス番号:028-623-3356

Email:soumu@pref.tochigi.lg.jp

広告