重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2021年12月7日

ここから本文です。

寺山ダム

   寺山ダムは、矢板市長井字石切場に建設され、昭和60年3月に完成しました。高さ62.2mのロックフィルダムで、総貯水量2,555千立方メートルを設け、洪水調節・流水の正常な機能の維持・水道用水の供給を目的としています。
   寺山ダムが建設された宮川の上流部には、高原山水源の森や栃木県民の森などがあり、自然豊かな森が育まれています。また、ダムの管理に関しては、平成25年度から、民間活力を活用した管理用発電(ダムESCO事業)を実施しています。

基本諸元

【目的】洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道用水の供給

【形式】センターコア型ロックフィル

【堤体積/堤高/堤頂長】1,350千立方メートル/62.2m/260.0m

【湛水面積】0.160㎢

【総貯水容量】255.5万トン

【所在地】栃木県矢板市長井

ダムパンフレット

 

  寺山ダム  寺山ダム(ダム湖側)

寺山ダム(越流式)
 

 

お問い合わせ

砂防水資源課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2565

ファックス番号:028-623-2456

Email:sabou@pref.tochigi.lg.jp