重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 栃木県議会 > 各会派の主張 > とちぎ自民党議員会の主張

更新日:2020年5月10日

ここから本文です。

とちぎ自民党議員会の主張

 私たち「とちぎ自民党議員会」は、栃木県議会において31議席を有する最大会派です。

 県内各地で活動する同志議員が、県民の皆様の声に耳を傾け、地域の課題をしっかりと把握しながら、政策立案・政策提言を行い、責任政党・会派としての「実行力」を発揮しております。

 令和3年度においては、まず、新型コロナウィルス感染症対策と令和元年東日本台風被害からの復旧・復興という県政の最重要課題に対して、迅速かつ適切に対応し、安全で安心な生活を一日も早く取り戻すことに全力を尽くします。

 また、人口減少、少子高齢化の進行により、地域経済の縮小や地域社会の活力が低下している中、諸課題に的確に対応し、本県の未来創生に向けた施策を積極的に推進していかなければなりません。

 具体的には、脱炭素社会への取組として「経済と環境の好循環」の実践、デジタル庁設置を契機としたSociety5.0の実現と未来技術の活用、グローバル社会への対応、さらには、令和4年に本県で開催するいちご一会とちぎ国体等に向けた準備なども着実に進めることが重要です。

 とちぎ自民党議員会は、時代の趨勢を見極め、本県の強みを生かした政策や本県独自の施策を打ち出し、持続的な県勢の発展に努めてまいります。

 以下、とちぎ自民党議員会が進めていく具体的な取組について記載します。

 

 【新型コロナウイルス感染症への対応】

 必要な病床を確保し、医療体制の整備に努め、感染者の治療に必要となる医療機器の計画的な確保に向けて取り組みます。

 すべての県民に対してワクチン接種が迅速かつ効率的、効果的に行われるよう県内市町を強力に支援します。

 コロナ対策の最前線に立つ医療従事者に対して、応援金なども含めた支援の拡充を図るとともに、コロナに関わるいかなる誹謗中傷や差別・偏見も許さない県民意識の向上に努めます。

 
 【県内経済対策の強化】

 新型コロナウイルス感染症の影響で経営や資金繰りが厳しい中小企業や個人事業者に対し、最大限の支援が出来るよう県独自の支援策や申請手続きの簡素化を図るとともに、必要な企業に対しては確実に事業承継につなげる仕組みを構築します。

 感染抑制の状況に応じて、観光関連産業の需要回復を実現するため、PRや情報発信に努め、受入れ環境や施設の充実を図ります。

 新たに策定された「とちぎ国際戦略」にのっとり、コロナの収束後を見据えた、本県の国際化に資する施策の充実強化に取り組みます。


 【安全・安心な地域社会づくり】

 国の「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」に呼応し、治山施設やため池、道路、河川、砂防施設などの防災・減災対策を進め、災害に強い県土づくりを実行します。

 国の気候変動適応法に呼応し、本県各地域の実情に応じた気候変動の影響に適切に対処するため、県の「地域気候変動適応センター」の機能強化に取り組みます。

 高輝度標識・標示等や信号機の新設・改良など交通安全施設の更なる充実、特殊詐欺撲滅対策の強化、自転車事故防止対策、警察官の増員などにより、全国一犯罪・交通事故の少ない安全・安心なとちぎづくりを進めます。


 【農林業の振興】

 県内農畜産物の価格の低下や売上げの減少など、新型コロナウイルス感染症の大きな影響が及んでいるため、消費拡大を図るべく積極的に取り組みます。

 スカイベリーをはじめとする本県産農産物のブランド力強化や園芸大国とちぎづくり、農産物の輸出促進、新たな主力品目の生産拡大などにより、本県農業が力強く、魅力ある産業へ発展するための支援を行います。

 農林業における後継者育成や、新規参入も含めた幅広い就業支援などにより、意欲ある就業者を確保し、さらには野生鳥獣被害対策の推進を図ります。


 【教育・子育て環境の充実】

 コロナ禍での「学びの保障」への取組として、GIGAスクール構想に係るネットワークおよび端末等の確実な整備と教育現場における効果的な指導方法の確立を急ぎます。

 小学校での35人学級の推進等による本県独自の少人数教育の推進、教員の資質向上・適正配置、インクルーシブ教育の推進、県立学校施設長寿命化など、ソフト、ハード両面における学習環境を整備するとともに、学校教育活動における安全確保・危機管理を徹底し、未来を担う子どもたちの学力向上と教育の充実を図ります。

 国の幼児教育・保育の無償化の取組も踏まえ、本県の子育て環境の充実策として、幼稚園・保育園の副食費への助成の拡大など、特に多子世帯に対する支援の充実を図ります。

 

 

 自由民主党は、先人が培ってきた素晴らしい文化や規範意識、相手を敬い思いやる心など、日本の良さを大切にしています。先人に学びつつ現在を生きる人々の声を聴き、そして新たな考えを積極的に取り入れていく。

 “変える力”と“守る誇り”。そのことが責任ある未来を創ることになると考えています。

 

 県民の皆様には、引き続き、私たち「とちぎ自民党議員会」の活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

お問い合わせ

県議会事務局 政策調査課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎議会議事堂2階

電話番号:028-623-3772

ファックス番号:028-623-3755

Email:gikai@pref.tochigi.lg.jp