ホーム > くらし・環境 > 人権・男女共同参画 > 人権 > 新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

ここから本文です。

更新日:2020年9月29日

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

型コロナウイルス感染症に関連して、感染した方や、感染した方の診療に携わった医療機関・医療関係者及びその御家族・関係者等に対する、差別的な取り扱い、いじめ、SNS上での誹謗・中傷等が問題となっています。

 いかなる場合であっても、不当な差別、偏見、誹謗・中傷、いじめ等は決して許されません。

 ウイルスに対する強い不安や恐れから、感染症に関わる方々を過剰に避けようとする意識がこのような行動に繋がると言われていますが、このような行動は、感染が疑われる方に受診をためらわせ、結果的に感染の拡大に繋がってしまう可能性があります。

 また、新型コロナウイルス感染症に関連した様々な情報の中には、不確かであったり、事実と異なるものもあります。こうした情報が広がると、社会の不安をさらに煽り、感染者等への偏見や差別を助長しかねません。

 県民の皆さまには、こうした情報をむやみに転載・拡散することなく、公的機関の発信する正しい情報に基づいて、思いやりとやさしさを忘れず、冷静に行動いただきますようお願いします。

 

偏見や差別、心ない言動の例

~身近なところで、起こっていませんか?~
  • 感染した人やその家族及び関係者に対する誹謗・中傷
  • 治療を終えて復帰した人への差別や嫌がらせ
  • 医療従事者の家族に対する、出勤拒否や登園拒否
  • 医療従事者の入店拒否やタクシー乗車拒否
  • 感染した人の住所や勤務先の詮索、根拠のない情報の拡散
  • インターネット、SNS上での誹謗・中傷
  • 感染した人の勤務先や利用した店等への嫌がらせ
  • 県外への通勤者や県外からの来訪者(県外ナンバー車両)への非難
  • マスクをしていない人への非難(※様々な事情からマスクの装着が困難な方がいます)
  • 外国出身者への嫌がらせや暴言
  • スーパー・ドラッグストア従業員や配達業者の方々への暴言
~互いの立場を思いやる心とやさしさを持って行動しましょう~

日本赤十字社のコロナウイルスに関する動画等

日本赤十字社が公開している、動画等へのリンクです。

感染症により差別や偏見等が生まれる理由、それが感染拡大防止にもたらす悪影響、わたしたちが心がけるべきことが分かりやすく解説されています。ぜひ、ご覧下さい。

法務省の人権相談窓口

 法務省 新型コロナウイルス感染症に関連してー不当な差別や偏見をなくしましょうー(外部サイトへリンク)

 

0570-003-110(平日午前8時半~午後5時15分)

0120-007-110(平日午前8時半~午後5時15分)

0570-090-911(平日午前9時~午後5時)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

人権・青少年男女参画課 人権施策推進室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-3027

ファックス番号:028-623-3028

Email:jinken@pref.tochigi.lg.jp