ここから本文です。

更新日:2000年11月30日

前日光県立自然公園

最寄駅

 JR東日本鹿沼駅

 東武鉄道新鹿沼駅・板荷駅

 わたらせ渓谷鉄道足尾駅

お問い合わせ

  •  自然公園内での各種行為に係る規制等

  栃木県環境森林部自然環境課 電話028-623-3211 
  栃木県県西環境森林事務所 電話0288-21-1178

  •  自然公園へのアクセス・観光案内等

  各市町村・観光協会(外部サイトへリンク)

 

 前日光の自然

 この公園は、約1,200mの標高差があるため、標高差にしたがい、植生の変化が観察できます。
 標高の最も低いところはスギ、ヒノキの植林地で、登って行くとコナラ、クリ、アカマツなどの林となり、下層にはヤマツツジ、リョウブ、クロモジなどが見られます。
 標高700mあたりを超えると、ミズナラ、ヤマハンノキ、ハウチワカエデ、イタヤカエデ、ヤマモミジ、シラカンバ、オオカメノキなどの林となり、アカヤシオ、シロヤシオ、トウゴクミツバツツジ、サラサドウダンなどのツツジ類が多くなります。さらに登るとウラジロモミ、ツガなどの針葉樹やダケカンバなどが混じります。
 また、井戸湿原と古峰ヶ原の2か所の湿原では、ミズゴケ、モウセンゴケ、サギスゲ、アキノリンソウ、レンゲツツジなどの花が楽しめます。 

 

  •  県花「ヤシオツツジ」

 ヤシオツツジには、アカヤシオ、シロヤシオ、ムラサキヤシオの三種類があり、昭和44年(1969年)に栃木県の県花に指定されました。
 前日光周辺では、アカヤシオとシロヤシオが見られます。
 アカヤシオは、4月下旬から5月上旬、葉がでる前にピンク色の花をつけるので、遠くからでもよくわかります。
 シロヤシオは、それより遅れて、葉が出てからうつむき加減に花をつけます。樹皮がマツの木肌に似ていることから、マツハダとも呼ばれています。


  • ムカシトンボ

 湿原周辺では、渓流性のムカシトンボが生息しています。
 このムカシトンボは原始的な羽を持っており、このような羽を持ったトンボは、他には化石にしか見られないことから、「生きている化石」と言われています。
 

前日光の鳥

 野鳥の種類も多く、初夏にはオオルリをはじめキビタキ、クロツグミ、コルリ、コマドリ、カッコウ、ツツドリ、ホトトギス、ジュウイチ、アオジ、ノジコ、イカルなどが観察されています。
 また、ウソ、ルリビタキ、ゴジュウカラ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、コゲラ、アカゲラなどや、上空を舞うノスリやサシバなどの猛禽類の姿も見られます。 

 

  •  県鳥「オオルリ」

 頭から背中にかけて鮮やかな瑠璃色で、腹部は白く、顔から喉にかけて黒い、スズメよりやや大きな鳥です。
 姿とともに鳴き声も美しく、5月頃南方から渡ってきて、谷川沿いの森林の梢などでさえずる姿が見られます。
 春と秋の渡りの季節には、市街地周辺でも見られることがあります。


  •  ノジコ

 夏鳥として日本に渡来し繁殖しますが、古峰ヶ原は県内でも数少ない観察地です。
 緑がかった色をし、スズメより少し小さい鳥ですが、樹木の頂にとまって「チン、チンチョロリー、チョリ、チョッ」などと美しい声でさえずります。

 

前日光の動物

 ほ乳類では、シカやカモシカ、ツキノワグマなどの大型の種から、サルやキツネ、タヌキ、ノウサギ、アナグマ、ムササビ、テンなどの生息が確認されています。
 また、ネズミ類などの小型ほ乳類を含め、多くの種が生息していることは、良好な自然が保たれていることの証といえるでしょう。 

 

  • 県獣「ニホンカモシカ」

 狩猟により幻の動物といわれるまで減少したため、昭和9年(1934年)に国の天然記念物、昭和30年(1955年)に特別天然記念物に指定され保護されてきました。
 本県では、北西部山岳地帯に広く分布しており、昭和39年(1964年)に鳥獣保護意識の高揚を目的として県獣に指定されました。

 

みどころ

  • 北部の山岳地帯

 薬師岳(標高 1,420m)、夕日岳(標高 1,526m)、地蔵岳(標高 1,483m)などから成る公園北部の山岳地帯は、日光国立公園の南側に隣接しています。
 昔、修験のために使われた「禅頂行者の道」は、現在登山コースとして整備されています。
 5月初旬には、アカヤシオがいっぱいに花をつけて、山全体がピンク色に染まります。
 また、様々な野鳥がさえずり、県内でも代表的なバードウォッチングのコースとなっています。


  • 古峯神社

 祭神は日本武尊で、臣下の藤原隼人が京都からこの地に移住して、日本武尊の神霊を祀ったのが始まりと伝わっています。
 江戸時代には、古峰ヶ原天狗(日光天狗)として、鞍馬山、愛宕山、秋葉山などと同様に天狗信仰で有名になり、連日多くの信者が参詣して賑わいました。
 このため神社には、奉納された大小多数の天狗面があります。中でも、江戸時代に奉納された二つの巨大な天狗の面は、鼻の高さが91センチメートル、重さ約150キログラムもあり、災厄消除の神として信仰されています。  また、日本武尊、勝道上人、役小角、源義経などが立ち寄ったという伝承があることから、数多くの参籠者とハイカーを集めています。


  • 古峰原湿原

 ヤシオツツジ、ヤマツツジ、コメツツジなど多くのツツジ類に囲まれた小さな湿原です。
 ヌマガヤ、ミズゴケを主とし、アブラガヤ、ヤチカワズスケ、ノハナショウブ、コバギボウシ、エゾシロネ、チダケサシ、ヒメシダなどの湿原性植物が生育しています。
 8月頃には、ヒヨドリバナ、コウリンカ、ノハラアザミ、アケボノソウ、サワギキョウ、アキノウナギツカミ、コオニユリ、ヌマガヤ、ノリウツギ、ホザキシモツケなどの花が見られます。


  • 前日光牧場

 横根高原に広がる標高約 1,300m、約 70haの牧場です。
 鳥の声を聴き、のんびり草を食べるホルスタインの間を歩きながら、気持ちの良い眺望が楽しめます。
 特に「象の鼻展望台」では、日光、群馬、秩父の山々、遠くは富士山まで見える雄大な景色が楽しめます。
 また、牧場の中には、前日光ハイランドロッジがあり、近くの横根山、井戸湿原、象の鼻展望台などを歩くのに便利です。夜には、都会では見られないきれいな星空があおげます。


  • 井戸湿原

 横根高原の山あい、標高約 1,300m付近にひっそりと広がるひょうたん形の湿原です。
 小さな高層湿原ですが、湿原性植物や周辺の亜高山植物など400種以上が生育しているため「植物の宝庫」といわれ、早春の芽吹き、6月上旬のレンゲツツジ、8月の湿原性植物の可憐な花、10月下旬の紅葉など、四季折々に変化するすばらしい自然を見せてくれます。  湿原部分は、ミズゴケ、カワズスゲを主とし、アブラガヤ、トダシバ、マイヅルソウ、サワギキョウ、モウセンゴケなどから成る湿地部分と、ニッコウシダ、ヤマドリゼンマイ、レンゲツツジを主とし、ノリウツギ、ミヤコザサなどから成る乾燥の進んだ部分の二型に大別されます。


  • 加蘇山神社

 約1200年前、勝道上人が開いたと伝わる古い神社で、祭神は盤裂命、根裂命、武甕槌(男)命です。
 源頼義父子が奥州征伐に成功したとき、ここで勝利を祈願していたことから、「兵馬の神」として崇められるようになったと伝えられ、五穀豊穣、商売繁盛の守護神としても信仰を集めています。
 また、麓の神社(下社)の石段から約1キロメートル、30分ほど登ると、加蘇山神社の神木で「縁結びの千本桂」といわれ、古くから信仰されている県指定天然記念物の「千本桂」があります。
 中の院を過ぎ、高さ20mの大岩壁に張られた鉄鎖をたどって登ると、中腹の大洞窟内に奥の宮があります。
 この地域には、鎖のかかっている岩場がたくさんありますが、鎖で登れないと思ったときは絶対に戻りましょう。


 自然公園ガイド 自然公園の管理

お問い合わせ

自然環境課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-3211

ファックス番号:028-623-3212

Email:shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp