ホーム > 産業・しごと > 農業 > 経営・技術 > 環境 > エコファーマーマークの今後の取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2011年4月28日

エコファーマーマークの今後の取扱いについて

エコファーマーマークの使用ができなくなります

  • エコファーマーマークの商標権を管理している全国環境保全型農業推進会議(事務局:全国農業協同組合中央会)では、同マークについて、エコファーマーの認知度の向上、普及・拡大の役割を一定程度終えたものとして、平成24年3月までに利用を停止することを決定しました。
  • 包装資材等にこのマークを利用しているエコファーマーの方は、期限を過ぎてからの使用はできなくなりますので、御注意ください。

県は、エコファーマーの認定を引き続き推進していきます

  • エコファーマー(持続農業法に基づく持続性の高い農業生産方式の導入計画)の認定は、環境に配慮した農業に取り組む際に、技術等の導入を計画的に進めるために有効です。
  • 県は、今後とも、環境保全型農業に取り組む農業者や生産組織を支援するため、エコファーマーの認定を引き続き推進していきます。

お問い合わせ

経営技術課 環境保全型農業担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2286

ファックス番号:028-623-2315

Email:agriinfo@pref.tochigi.lg.jp