ホーム > 産業・しごと > 農業 > 経営・技術 > 農業経営を法人化しませんか?

ここから本文です。

更新日:2016年8月1日

農業経営を法人化しませんか?

農業経営を法人化等を目指す農業者へ、専門家を派遣します

あなたの経営を発展させるため、農業経営を法人化しませんか?
下記の項目に一つでも該当する場合、法人化が有効と考えられます。

経理をきちんと行いたい

家計と経営を分離し、お金の流れを明確にすることができます。

 経営を発展させるためには、きちんと財務管理を行い、収入や支出、資産、負債等の状況を正確に把握しておくことが重要です。これで初めてどこを改善すれば、経営が発展するか分かるようになります。また、このことが経営と家計の両方を守ることにつながります。

人材を雇用したい

従業員が安心して働ける職場にすることができます。

 優秀な人材に来てもらい、長く働いてもらうためには、安心して働ける環境が不可欠です。法人になると、就業規則を定め、社会保険や労働保険の加入による負担も発生しますが、これらが従業員の安心につながります。

販売を拡大したい

取引先に対する信用力を高めることができます。

 販売を拡大する上で、取引先の信用は欠かせないものです。法人になると、財務諸表の整備などを行わなければならなくなりますが、こうした財務管理をきちんと行える経営であれば、販売先や金融機関も安心して取引を行えるようになります。

経営継承を円滑に行いたい

経営や農地、技術を次世代に残すことができます。

 個人の経営では、農地や農業用施設に係る相続税の負担が発生したり、利用権の再設定等が必要となる場合があります。法人になると、経営資源の分散を抑制できるほか、従業員の中から後継者を選ぶことも可能になります。

 

専門家(農業経営法人化推進員)を派遣します。

 法人化等を目指す農業者へ、直接専門家(司法書士、中小企業診断士、社会保険労務士、税理士)等を相談内容に応じて(最大5回まで)派遣し、農業経営力の向上を支援します。

 

  1. 法人化パンフレット(PDF:243KB)
  2. 派遣申込書(別紙様式1)(ワード:32KB)

 

  • 申込方法:派遣申込書(別紙様式1)を最寄りの農業振興事務所へ持参、郵送又はFAXによりお申し込みください。
  • 申込期限:随時受付します。(派遣期間確保のため、平成28年12月22日(木曜日)までにお申し込みください。)
  • 費用:専門家の派遣に係る「交通費(旅費)」を自己負担していただきます。
  • その他:派遣や支援内容の決定は、別途御連絡いたします。また、税務申告書等の資料を提供いただく場合があります。

  ※詳細は、以下の法人経営設置要領を御覧ください。

法人経営推進会議について

 栃木県と栃木県担い手育成総合支援協議会では、意欲ある農業者が力強く持続可能な農業経営体として成長し、更なる経営発展を図ることができるよう、農業経営の法人化等を推進するとともに、経営力向上を支援するため、農業者の支援組織、専門家、農業者組織等で構成する法人経営推進会議(以下、推進会議)を設置しました。

 推進会議では、①法人化に取り組む経営体の情報共有、②農業経営法人化推進員(以下、推進員)の継続的な派遣等の支援活動を実施します。

法人経営推進会議設置要領

  1. 設置要領(PDF:91KB)
  2. 別紙様式1(ワード:32KB)
  3. 別紙様式2(ワード:24KB)
  4. 別紙様式3(ワード:30KB)
  5. 推進体制図(PDF:138KB) 

栃木県、栃木県担い手育成総合支援協議会

※経営・技術トップへ戻る

※経営技術課トップへ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経営技術課 経営体育成担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2317

ファックス番号:028-623-2315

Email:agriinfo@pref.tochigi.lg.jp