ホーム > 産業・しごと > 農業 > 経営・技術 > 技術情報 > 農作業安全対策の推進について

ここから本文です。

更新日:2020年3月19日

農作業安全対策の推進について

2020年春の栃木県農作業安全確認運動とちまるくんトラクター

 農作業の安全確保は農業経営の基本ですが、本県では農作業による死亡事故が毎年発生し、平成21(2009)年から平成30(2018)年までの過去10年間に63名もの尊い命が失われています。

 また、死亡事故原因の約1/3が乗用型トラクターによるものであり、年齢別では約8割が65歳以上の高齢農業者です。

 さらに、近年は歩行型トラクター(耕うん機)による死亡事故も発生しています。

 このため、田植え等の農繁期を迎えるにあたり、乗用型トラクターとともに、歩行型トラクター(耕うん機)による事故防止に重点をおき、高齢農業者の事故防止と、万一の事故に備えた労災保険の加入促進等を図るため、春の栃木県農作業安全確認運動を実施します。

 2020年春の栃木県農作業安全対策確認運動実施要領(PDF:173KB)

 令和2年春の農作業安全確認運動の実施について(農林水産省)(外部サイトへリンク)

各種チラシ等はこちらからダウンロードできます

 ・農作業安全対策チラシ①(乗用型トラクター、高齢農業者等)(PDF:309KB)

 ・農作業安全対策チラシ②(コンバイン、労災保険等)(PDF:435KB) 

 ・作業機付きトラクターの公道走行について

   (簡易版)(PDF:149KB)

   (詳細版)(PDF:528KB)

 ・農作業安全の啓発資料(外部サイトへリンク)

農作業死亡事故等の情報

 ・栃木県における農作業死亡事故の発生状況(PDF:239KB)

 ・平成29年に発生した農作業死亡事故の概要(農林水産省)(外部サイトへリンク)

 ・農耕作業用自動車(農耕作業用の小型・大型特殊自動車)の交通死亡事故発生状況等について(外部サイトへリンク)

 

農作業中の熱中症には注意しましょう!

 夏季の熱中症事故は毎年発生しており、特に気温の高い7月、8月に多く発生します。農作業中に熱中症により死亡した方の数は、全国で平成22年以降毎年20件前後で推移し、70~80歳代の方が屋外作業を行うときに集中して発生しており、熱中症対策が非常に重要となっているところです。気象庁の「高温注意情報」に注意し、熱中症対策をお願いします。

 熱中症対策(外部サイトへリンク)

   熱中症に注意しましょう!

 熱中症予防情報サイト(外部サイトへリンク)

 気象庁「高温注意情報」(外部サイトへリンク)

   消防庁「熱中症情報」(外部サイトへリンク)

 

万一の事故に備えた労災保険の加入促進

 労災保険は、労働者の負傷、疾病、障害、死亡などに対して保険給付を行う制度で、療養・休業給付から遺族給付まで手厚い補償があります。

 加入義務のない農業者の方も、一定の要件のもとに特別加入という形で任意加入できます。  

  農業者の労災特別加入について(外部サイトへリンク) 

 

 


 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経営技術課 環境保全型農業担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2286

ファックス番号:028-623-2315

Email:agriinfo@pref.tochigi.lg.jp