ホーム > 産業・しごと > 農業 > 経営・技術 > 飼料作物生産における放射性物質対策のポイント

ここから本文です。

更新日:2012年5月23日

飼料作物生産における放射性物質対策のポイント

家畜の粗飼料生産においては、下記を参考に放射性物質による汚染をできるだけ低く抑える対策を実施してください。

資料:飼料作物の放射性物質対策(PDF:317KB)

プラウ耕(反転耕)・ロータリー耕を丁寧に行う

畜産酪農研究センターにおいて、放射性物質に汚染された飼料畑で、プラウ耕・ロータリー耕を行い、その後に飼料用トウモロコシを栽培し、放射性セシウムの吸収抑制効果を確認する試験を実施しました。

試験の結果、放射性セシウム濃度は、ロータリー耕32%、プラウ耕により45%低減しました。

このことから、飼料作物への吸収抑制対策として、プラウ耕、ロータリー耕は有効であることが確認できました。

耕起方法別による除染効果

耕起方法の違いによる除染効果を調査しました。

調査の結果、プラウ耕(反転耕)、ロータリー耕(耕起)、ディスクハロー耕(簡易更新)の順で、除染効果(低減率)が高いことがわかりました。

加里肥料を適正に施用する

加里肥料を飼料用トウモロコシ栽培時に施用し、吸収抑制の効果を確認する試験を実施しました。

試験の結果、加里(K)無施用区に比べ、放射性セシウム濃度は慣行区(10kg/10a(K2O))で32%、加里区(28kg/10a(K2O))で47%低減しました。

この結果などから、飼料作物への放射性セシウムの吸収抑制対策として、加里の施用は有効であることが確認できました。
飼料畑により、土壌中の加里含量は様々ですので、土壌診断に基づいた適正な加里施用を行いましょう。

収穫作業時の土壌混入に注意する

  1. モア、モアコンディショナー等収穫機械の刈取高さを通常より高く設定しましょう。
  2. テッダー、レーキ、ベーラ等牧草の反転・集草・収穫機械のピックアップ(作業爪)が地面と接触しない高さに設定しましょう。
  3. 低速で作業を行い、土壌の混入や土埃の巻き上げを最小限にしましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

畜産振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2344

ファックス番号:028-623-2353

Email:chikusan@pref.tochigi.lg.jp