ホーム > 社会基盤 > 河川・砂防・ダム > 河川 > 河川の利用に関するトピックス

ここから本文です。

更新日:2016年4月4日

河川の利用に関するトピックス

河川空間のオープン化について

都市及び地域の再生のため、河川敷地を賑わいのある水辺空間として積極的に活用したいという要望を受け、河川敷地の占用に関する規制緩和が行われ、「河川空間のオープン化」が進められています。

河川管理者が、協議会の活用などにより地域の合意を図った上で、区域、占用施設、占用主体を指定し、民間事業者が河川敷地にイベント施設やオープンカフェ、キャンプ場等を設置することが可能になります。

 河川空間のオープン化の手続の流れは、以下のとおりです。

 河川空間のオープン化の手続の流れ

なお、民間事業者がオープンカフェ等のために河川敷地を占用する場合の許可期間が、「10年以内」へと延長されました(平成28年6月2日から)。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

河川課 水政管理担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2442

ファックス番号:028-623-2441

Email:kasen@pref.tochigi.lg.jp

広告