ホーム > 社会基盤 > 河川・砂防・ダム > 河川 > 水位情報等の提供について

ここから本文です。

更新日:2010年11月24日

水位情報等の提供について

県では、洪水被害から県民の生命と財産を守るため、計画的な河川整備などハード対策の推進に努めています。

しかし、近年では、想定を上回る降雨が見られ、ハード対策に加えて河川水位や浸水範囲の情報提供などのソフト対策により、住民の速やかな避難を支援し、被害をより軽減することが重要となってきています。

このため、

  1. 県内の主要な河川を水位周知河川洪水予報河川に指定し、避難開始の判断の目安となる水位情報等を市町をはじめ、テレビ等の報道機関を通して県民へ提供しております。特に洪水予報河川は、気象庁との共同により、1時間ごと3時間先の水位の予測を行うものであります。
  2. 浸水想定区域(河川の氾濫により浸水が想定される区域の指定・公表を行い、関係市町へ県のホームページにも掲載しております。
  3. これをもとに市町が洪水ハザードマップ(避難情報や避難場所を記載した図面)を作成し、住民に配布しています。


(水位情報提供の流れ)

 

 

お問い合わせ

河川課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2446

ファックス番号:028-623-2441

Email:kasen@pref.tochigi.lg.jp

広告