ホーム > 社会基盤 > 河川・砂防・ダム > 河川 > 水位周知河川について

ここから本文です。

更新日:2020年6月6日

水位周知河川について

水位周知とは

水位周知とは、洪水予報を行わない河川で、洪水により相当な被害を生ずる恐れがある河川について、県民の皆様が、安全な場所への避難及びその準備を行うための目安となる水位『避難判断水位』に達した情報を市町村等防災関係機関へ通知するともに、テレビ等の報道機関を通じて県民の皆様に周知するものです。

栃木県では、4河川4区域について、避難判断水位への到達情報の発表のほか、氾濫注意水位、氾濫危険水位への到達情報の発表を行っています。

 

水位情報の通知及び周知を行う河川



河川名

区域

基準水位観測所

基準水位

       

水防団

待機水位

氾濫

注意水位

避難

判断水位

氾濫

危険水位





巴波川

左岸

栃木市川原田町ふたまた橋から

小山市大字中里まで

右岸

栃木市川原田町ふたまた橋から

栃木市大平町伯仲まで

倭橋

(栃木)

0.70m 1.00m 1.80m 2.30m

旗川

左岸

佐野市船越町船越橋から

足利市寺岡まで

右岸

佐野市船越町船越橋から

足利市寺岡まで

白旗橋

(佐野)

1.80m 2.20m 2.30m 3.00m

五行川

左岸

さくら市馬場国道四号から

芳賀郡芳賀町大字芳志戸秋葉橋まで

右岸

さくら市馬場国道四号から

芳賀郡芳賀町大字芳志戸秋葉橋まで

氏家体育館脇

(さくら)  

 

両郡橋

(芳賀)

0.90m

 

 

1.80m

1.20m

 

 

1.10m  

1.30m

 

 

1.30m

1.80m

 

 

1.80m

系    

内川

左岸

矢板市荒井荒井橋から

さくら市喜連川荒川合流点まで

右岸

矢板市荒井荒井橋から

さくら市喜連川荒川合流点まで

京町橋

(矢板)

1.20m 1.60m 2.10m 2.60m

 

情報提供の流れ

水位情報の通知及び周知・水防警報

用語の説明

水防団待機水位

水防団が水防活動の準備を始める目安となる水位。

水防団の待機の目安。

氾濫注意水位

降雨などによって水かさが増し、災害のおそれがある水位のことをいいます。

この水位を超えると、法崩れ・洗掘・漏水など災害が発生する危険性があります。

避難判断水位

氾濫注意水位を超え、水かさが増し、溢水・氾濫等により重大な災害の発生を特に警戒すべき水位のことをいいます。

市町村長の「避難準備・高齢者等避難避難開始」の発令判断の目安。

氾濫危険水位

避難判断水位を超え、更に水かさが増し、溢水・氾濫等により重大な災害が起こるおそれがある水位のことをいいます。
(氾濫危険水位はあくまでも人的被害を念頭に置いており、この水位に達しなくても被害が起こり得ますので、地盤の低い地区では事前に水位情報に注意をしてください。)

市町村長の「避難勧告等」の発令判断の目安。 

 

基準水位イメージ図

【氾濫警戒情報(警戒レベル3相当)が発表された場合】
沿川住民は、いつでも避難できるよう、身支度や防災用品の準備をしておきましょう。また、市長村長から「避難準備・高齢者等避難開始」の発令に留意するとともに、避難に時間を要する方(高齢の方、障害のある方、乳幼児等とその支援者)は自ら避難の判断をしてください。

【氾濫危険情報(警戒レベル4相当)が発表された場合】
河川情報に基づいて、できるだけ自主避難を心がけてください。また、市町村長から「避難勧告等」が発令された場合は、水防団(消防団)等の指示に従って速やかに避難しましょう。

 

お問い合わせ

河川課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2446

ファックス番号:028-623-2441

Email:kasen@pref.tochigi.lg.jp