ここから本文です。

更新日:2010年11月30日

栃木県建築審査会条例

(昭和25年11月16日 栃木県条例第57号)

 (総則)

第1条 栃木県建築審査会(以下「審査会」という。)の組織、運営等審査会に関して必要な事項は、建築基準法(昭和25年法律第201号、以下「法」という。)に規定するものを除くほか、この条例の定めるところによる。

 (組織)

第2条 審査会は、委員7人で組織する。

 (招集)

第3条 審査会は、会長が招集する。

2 会長は、緊急やむをえない場合を除き、開会3日前までに、会議の日時、場所及び事件を示して、招集を通知しなければならない。

3 会長は、左の各号の一に該当する場合は、審査会の委員を招集しなければならない。

(1)法の規定に基づいて、同意を求められ、又は裁決を行うとき

(2)知事の諮問があつたとき

(3)委員の総数の2分の1以上から、審査会に付議する事件を示して、招集の請求があつたとき

(4)その他会長における必要があると認めたとき

 (議事)

第4条 会長は、会議の議長となる。

2 審査会は、委員定数の2分の1以上の委員が出席しなければ会議を開くことができない。

3 議事は出席委員の2分の1以上で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

 (委員以外の者の出席)

第5条 審査会は必要があると認めるときは、市町村長その他の関係者の出席を求め、必要な資料を提供せしめ、若しくは意見を聞き又は説明を求めることができる。

 (会議の公開)

第6条 会議は公開する。この場合において、議長は、傍聴人の数を制限することができる。

 (幹事及び書記)

第7条 審査会に幹事及び書記を置く。

2 幹事は県職員の中から会長が命ずる。

3 幹事は会長の命を受けて庶務を処理する。

4 書記は会長が命ずる。

5 書記は上司の命を受けて庶務に従事する。

 (庶務)

第8条 審査会の庶務は、県土整備部において処理する。

 (関係出席者の費用弁償)

第9条 第5条の規定により出席する者に対しては、出席するために要する費用を弁償するものとし、その額は、職員の給与に関する条例(昭和27年栃木県条例第1号)の適用を受ける職員に支給する旅費の例により算定するものとし、その支給方法は、県の一般職に属する職員に対する旅費支給の例による。

2 知事は前項に定めるものの外、出席に必要な経費を弁償することができる。

 (審査会への委任)

第10条 この条例に定めるものの外、審査会の運営に関して必要な事項は、審査会が定める。

戻る

お問い合わせ

建築課 建築指導班(栃木県建築審査会事務局)

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2514

ファックス番号:028-623-2489

Email:kenchiku@pref.tochigi.lg.jp

広告