ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 県土整備部 > 日光土木事務所 > 交通対策社会実験(日光市川治地区)について

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

交通対策社会実験(日光市川治地区)について

川治地区交通対策社会実験の概要

日光市川治温泉街を通過する国道121号は狭隘で歩道の無い道路であるため、大型車の通行により観光客や地元住民の歩行に支障が生じています。

そこで、温泉街の歩行者の安全を確保するため、国道と並走している県道へ迂回協力案内を行い、大型車(バスを除く)の迂回効果を把握する交通対策の社会実験を昨年度に引続き行いました。

1.社会実験期間

  • 平成23年10月11日(火曜日)~平成23年12月22日(木曜日)

2.実験内容

国道121号を北上し、三つ岩トンネル先の川俣温泉川治線(川俣・栗山方面) 分岐点から川俣温泉川治線の葛老トンネル先合流点までの区間について、川治地区を通過する大型ダンプや大型貨物など大型車両(バスは除く)について川俣温泉川治線への迂回の協力をお願いします。

詳細については、下記の「社会実験概要図」をご覧ください。

今後について

H23年の実験結果と過年度からの実験結果を含め効果・課題を検証し、本格運用に向 けた交通対策の検討を行います。
大型貨物車ドライバーの御理解と御協力をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

日光土木事務所 企画調査部企画調査課

〒321-1414 日光市萩垣面2390-7

電話番号:0288-53-1212

ファックス番号:0288-53-1218

Email:nikko-dj@pref.tochigi.lg.jp

広告