ここから本文です。

更新日:2012年3月24日

子どもの生活リズム向上推進事業

1.目的

 ライフスタイルの多様化により、子どもの基本的生活習慣の乱れが指摘されている。子どもたちの生活リズムを向上させるためには、子どもたちに関わる学校・家庭・地域社会がそれぞれの役割を担い、社会全体で取り組んでいく必要がある。そこで、子どもの生活リズム向上を普及・推進する事業を県内各所で実施し、地域全体で子どもの望ましい基本的生活習慣を育成する機運を醸成するとともに、希薄化が指摘される地域社会の人々のつながりを回復するきっかけづくりを行う。

2.委託先

 趣旨に合致した事業を企画立案し、事業の円滑な実施が可能な社会教育関係団体

3.実施箇所 県内3か所程度

4.内容

 (1)子どもの生活リズム向上実行委員会の開催
 子どもの生活リズム向上実行委員会を設置し、関係団体・行政・企業等との連携・協力の推進、地域におけるニーズ、目標設定、本事業の取組の検証等を実施する。
 (2)子どもの生活リズム向上を普及・推進する事業の実施
 家庭で継続的に子どもの望ましい基本的生活習慣を育成できるような地域社会からの働きかけとなる事業を実施する。
 (事業例)
 普及・啓発活動 ・ノーテレビデー ・早寝運動の推進 等
 親子交流活動 ・朝ごはんづくり ・早朝クリーン活動 等
 学習会の開催 ・「家庭学習のすすめ」の普及活動 ・研修会の開催 等  

平成24年度子どもの生活リズム向上推進事業公募要領等

実施委託要綱(PDF:236KB)

運用指針(PDF:234KB)

公募要領(ワード:138KB)

公募要領(一太郎:107KB)

 平成23年度の取組紹介

平成23年度は下記の3団体に委託して事業展開しました。

栃木県家庭教育オピニオンリーダー連合会

(真岡市、那須塩原市、宇都宮市、鹿沼市、栃木市を会場に展開)

 家庭教育支援活動や地域活動を実施している各団体と連携し、学習会や親子活動等を通して、地域全体で子どもの生活リズム向上のための活動を行う。

(1)栃木市大平地区の取り組み 

親子で参加できる食をテーマにしたイベントをとおして子どもの生活習慣を考える。

「親子で太巻き寿司づくり」

大平地区1大平地区2

(2)宇都宮市西が丘地区の取り組み

親学習プログラムを活用するなど、子どもの生活を見直すきっかけとする。

「西が丘ひろば」・・・スポーツチャンバラ、すいとんづくり ほか

宇都宮地区1宇都宮地区2

(3)鹿沼地区の取り組み

「親子で体を動かそう」ほか

鹿沼地区

(4)那須塩原市西那須野地区の取り組み

親学習プログラムの活用と地域企業の出前講座を取り入れ、子どもの生活リズムを見直すきっかけとする。

「子どもの生活リズムを見直そう~家読でグッスリ~」ほか

西那須野地区1西那須野地区2

(5)真岡地区の取り組み

保護者を対象とした食に関する研修会や調理教室等を開催し、食の大切さを伝え啓発を図る。

「食育」「リズム遊び」ほか

真岡地区1真岡地区2

栃木県地域婦人連絡協議会 (宇都宮市、足利市、栃木市を会場に展開)

基本的生活習慣、生活リズムについて幼稚園児から高校生を対象に、食の基本を学び実践することで見直し考える機会を提供する。

(1)宇都宮市中央地区の取り組み

親子料理教室を開催し、子どもの生活リズム向上につなげる。

「月見夜楽と親子料理教室」

地婦連1地婦連2

(2)足利市山辺地区の取り組み

中学生の親子を対象に、親子料理教室を開催して朝ごはんの大切さを、月見の催しをとおして環境と家族のふれあいの大切さ伝え、子どもの生活リズム向上について親子で考える。

「親子料理教室」「月見夜楽の夕べ」

 

地婦連3地婦連4

(3)栃木市大平地区の取り組み

小学生、リーダースクラブの中学生・高校生との交流活動の中で、生活リズムの大切さと地域の一員である自覚の意識付けを推進する。

「みんな集まれ、みんなの広場・プレイパークで体験しよう。」

地婦連5地婦連6

日光市PTA連絡協議会(日光市内3地区にて展開)

家庭における親子のふれあいの時間や読書時間の確保に向けた活動を推進することで、子どもの生活リズムの乱れを防止し、基本的な生活習慣を定着させる。

日光市栗山地区、足尾地区、藤原地区においてブロック研修を開催 ほか

テーマ「携帯電話の危険性について考えよう」

講 師 河内教育事務所スクールソーシャルワーカー 中村 凱夫 氏

グループ協議 進行 上都賀教育事務所 社会教育主事

日光1日光2

 

 平成22年度の取組紹介

栃木県家庭教育オピニオンリーダー連合会の事業内容

(宇都宮市、鹿沼市、栃木市を会場に実施)

  • 親子で参加できる食をテーマにしたイベントを通して子どもの生活習慣を考える。

(栃木市大平地区の取り組み) 

 みなみ児童館まつり 8月7日(土曜日)9時00分~13時00分

 「牛乳パックで何つくろう」「ランチョンマットづくり」ほか

オピ大平

 

親学習プログラムを活用し、子どもの生活を見直すきっかけづくりとする。 

(宇都宮地区の取り組み)

 西が丘ひろば 7月10日(土曜日)10時00分~12時00分 小学校区の子どもと家族

 子ども・・食事の大切さを学び、myランチョンマットづくり

 大人・・・講話と親学習プログラム「楽しく食べていますか 朝ごはん」

  • 保護者を対象とした食に関する研修会を開催し、啓蒙を図る。

(鹿沼地区の取り組み)
 ハートフルクラブin鹿沼 テーマ「親子遊び」 
 第1回 6月21日(月曜日)10時00分~12時00分 鹿沼市の子育て中の保護者
 
 

 第2回目 8月実施予定

栃木県地域婦人連絡協議会の事業内容

(宇都宮市、那須烏山市、佐野市を会場に実施)

  • 「早寝・早起き・朝ごはん」をテーマに、三世代の交流事業を実施する。

(佐野地区の取り組み)

 朝飯会 7月25日(日曜日) 7時00分~9時00分

 

  • 昔遊び・掃除の仕方等を教える学校支援ボランティア活動を通して基本的な生活習慣の確立に向け地域で取り組む。

(宇都宮市西原地区の取り組み)

 チャレンジ昔遊び〈にしはらの日行事〉 9月15日(水曜日)9時00分~10時30分

 子どもたちに昔遊びや道具づくりを教え、楽しい交流の時間となりました。また、当日は西原小学校の1・2年生の他に地域の保育園児も一緒に活動に参加しました。

 

  • 伝統行事を活用して、子育てには地域の協力が重要であることをアピールする。

(那須烏山地区の取り組み) 

 伝統行事「やまあげ祭」による啓発活動 7月25日(日曜日) 16時00分~18時00分

 やまあげ祭で一番にぎわう時間帯にスローガンの書かれたうちわを配布して、子どもたちの基本的な生活習慣づくりの重要性をアピールした。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南別館5階

電話番号:028-623-3404

ファックス番号:028-623-3406

Email:syougai-gakusyuu@pref.tochigi.lg.jp