ここから本文です。

更新日:2018年7月31日

読書コンシェルジュおすすめ本5「忙しい人へ」

夜が運ばれてくるまでに ~A Book in A Bed~ (時雨沢恵一/文 アスキー・メディアワークス 2010 メディアワークス文庫)

「心が揺れ動く25の話」

眠るまでのひとときに読める“心動く掌編”。心が暖かくなったり、ドキッとしたり、様々な感情に動かされる25編。ゆっくりしたいとき、落ち着きたいときにおすすめ。

(壬生高校 Mさん)

わすれられないおくりもの (スーザン・バーレイ/作・絵 小川仁央/訳 評論社 1987)

「アナグマさんが皆に残したものとは―」

「長いトンネルのむこうに行くよ さようなら アナグマより」。成長した今だからこそ読んでほしい、アナグマさんとその友人たちの物語です。読後は心がじんわりと暖かくなります。

(壬生高校 Aさん)

未来いそっぷ (星新一/著 新潮社 2005改版 新潮文庫)

「めでたしめでたし、ハッピーエンド。その先にあるものは―?」

ショートショートの神様が贈る、スパイスの利いた皮肉と風刺、そして笑い。何十年経っても古びない文章が素晴らしいです。

(鹿沼南高校 Sさん)

わたしはわたし。そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて。 (アルファポリス編集部/編 アルファポリス 2010)

「かけがえのない人間になるためには、他人と違っていなければならない。」

本書より抜粋したココ・シャネルの言葉。様々な経歴を持った女性有名人の名言を写真と共に紹介した、心に響く一冊。

(宇都宮北高校 Sさん)

九つの、物語 (橋本紡/著 集英社 2011 集英社文庫)

「『生きる』とは何か」

大学生のゆきなの前に、亡くなったはずの兄が突然現れるというところから物語は始まる。読んでいくと分かる兄の正体や、揺れ動くゆきなの感情によって、不思議と物語に引き込まれてしまうお話。

(壬生高校 Mさん)

お問い合わせ

生涯学習課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南別館5階

電話番号:028-623-3408

ファックス番号:028-623-3406

Email:syougai-gakusyuu@pref.tochigi.lg.jp