重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2021年12月6日

ここから本文です。

特定外来生物「アレチウリ」について

  アメリカやカナダからの輸入大豆に種子が混入し、拡大したとみられる外来の植物です。
  外来生物法に基づく『特定外来生物』に指定されており、栽培、保管、運搬、野外に放つこと、譲渡することなどが禁止されています。

アレチウリ_環境省(写真:環境省)

国・栃木県による位置づけ

[国]  特定外来生物(外来生物法)、緊急対策外来種(生態系被害防止外来種リスト)

[県]  対策検討種(県対策方針)

生態など

分類:ウリ目 ウリ科

自然分布地域:北米

生息環境等:林縁、荒地、河川敷、路傍、原野、畑地、など。日当たりのよい場所を好む

栃木県内における影響

県内の分布:県内全域

  全国的には、河原等で繁茂し河原の固有種との競合や駆逐などの影響をもたらすことが多いですが、県内では主に休耕田や林縁に繁茂しており、まだ河原では広がっていません。
  レッドデータブックとちぎ2018では、オビヒメコメツキモドキが生存の脅威として本種を明示しています。しかし、本種は全体を覆い尽くすように繁茂しますので、実際にはもっと多くの在来種が影響を受ける可能性が高いと考えられます。

その他

  アレチウリは全国各地で駆除が行われており、例えば長野県では、毎年6月の1ヶ月間を「アレチウリ駆除強化月間」とするなど、県を挙げてアレチウリ駆除に取り組んでいます。

参考資料・関連情報

お問い合わせ

自然環境課 自然保護担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-3207

ファックス番号:028-623-3212

Email:shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp