重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2018年12月26日

ここから本文です。

食育・地産地消

 

食育

 食育とは

 県では、「県民一人一人が、生涯にわたり楽しく健全な食生活を実践することにより、食に対する感謝の気持ちを深め、心身の健康と豊かな人間性を育むこと」を「食育」の基本理念と定めています。

とちぎ食育元気プラン(2025) 

 令和3(2021)年3月に策定した、今後5年間の食育推進の目指すべき方向や施策展開を明らかにした第4期栃木県食育推進計画「とちぎ食育元気プラン2025」に基づき総合的な推進に取り組んでいます。

とちぎ食育元気プラン 

 

表紙から15ページ

 Ⅰ はじめに

 Ⅱ 食育に関する情勢

 Ⅲ 基本理念及びコンセプト、基本目標

16ページから裏表紙

 Ⅳ 施策の展開と指標

 Ⅴ 参考資料

基本目標1 豊かな食に感謝し親しむ機会を増やします。

食を正しく理解し、自然の恩恵の上に食料生産が成り立っていることや食生活が多くの人々の苦労や努力に支えられていることを実感することにより、食を大切にする心や「命」を大切にする心を育みます。
 (1) 食育推進運動の展開
 (2) 学校における家庭・地域と連携した食育の充実
 (3) 農業体験等食に関する体験活動の促進
 (4) 多様な暮らしに対応した共食を楽しむ機会の拡大
 (5) 優れた食文化の継承・発展
 (6) 地産地消の推進

基本目標2 健全な食生活による心身の健康を培う環境づくりを進めます。

栄養バランスの良い食生活や子どもの頃から朝食を必ず食べるなど、規則正しい食事の習慣を実践するための環境づくりを進めます。
 (1) 食環境の整備
 (2) 規則正しい食事の推進
 (3) 栄養バランスのとれた食生活の推進

基本目標3 食の安全・安心等について関係者相互の信頼を築く取組を進めます。

食品の安全性に関する情報を提供するとともに、生産者や食品事業者などと消費者との顔の見える関係を築くなど、食の安全・安心に対する理解を促進します。
 (1) 食に関わる事業者による取組の情報の提供促進
 (2) 消費段階の取組の促進
 (3) 事業者と消費者の相互理解の推進

重点プロジェクト

プロジェクト1 
学校給食における県産農産物の利用拡大と農業体験を通じた食育の推進

プロジェクト2 
世帯構造の変化や生活の多様化に対応した食育を支援する食環境づくりの推進

プロジェクト3
とちぎの魅力あふれる郷土料理と食文化の継承・創造・発展
 

関連サイト

とちぎアグリプラザ「とちぎ食育応援団」

 

 地産地消

 地産地消についてはこちらのページをご覧ください。
 https://www.pref.tochigi.lg.jp/g01/shokuiku/chisanchisho.html

 

お問い合わせ

農政課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2288

ファックス番号:028-623-2340

Email:nousei@pref.tochigi.lg.jp