重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2021年11月8日

ここから本文です。

いちごの消費推移

果物の消費量の変化について、総務省の「家計調査」における、年間購入数量と年間支出金額をグラフに表しました。

令和2(2020)年のいちごの一人当たりの年間購入数量は765gで、支出金額は1,176円でした。いちごの765gは、約3パック分に相当します。昭和63(1988)年の購入数量の1,301gと比較すると、約59%に減少し、約2パック分購入数量が減少したことになります。

また、いちごだけでなく、果物の中でも購入数量の多いみかんについても購入数量、支出金額ともに減少傾向となっています。

R02果物の一人当たりの年間購入数量の推移

図1 主な果物の一人当たりの年間購入数量の推移

(家計調査)

 

R02果物の一人当たりの年間支出金額の推移

 

図2 主な果物の一人当たりの年間支出金額の推移

(家計調査)

 

 

生鮮果物の一人当たりの年間購入数量は、昭和63(1988)年では約37kgあったのに対して、令和2(2020)年では約24kgであり、約65%まで減少しています。支出金額は、最も多かった平成4(1992)年では約15,000円であったのに対して、令和元(2019)年では約12,500円と約83%まで減少しています。

R02生鮮果物の一人当たりの年間購入数量

図3 生鮮果物の一人当たりの年間購入数量

(家計調査)

 

R02生鮮果物の一人当たりの年間支出金額

図4 生鮮果物の一人当たりの年間支出金額

(家計調査)

 

 

(2021年11月) 

お問い合わせ

農業試験場いちご研究所

〒328-0007 栃木市大塚町2920

電話番号:0282-27-2715

ファックス番号:0282-27-8462

Email:nogyo-s-ichigo@pref.tochigi.lg.jp