ホーム > 県政情報 > 県政運営 > 行政改革 > 指定管理者制度

ここから本文です。

更新日:2017年4月18日

指定管理者制度

指定管理者募集情報

栃木県で、平成29年度に指定管理者の公募を予定している施設は次のとおりです。なお、公募の詳細につきましては、後日、改めてお知らせします。

平成29年度指定管理者公募予定施設一覧

No.

施設名称

所在市町

指定期間

担当課

1
2
県営住宅(大田原地区)
県営住宅(矢板地区)
大田原市、那須塩原市、那須町
矢板市、さくら市、高根沢町
平成30年4月1日~平成33年3月31日

県土整備部

住宅課

※1と2は、一括して指定管理者を公募する予定です。

 

指定管理者募集結果

栃木県で、平成28年度に指定管理者候補者の公募を実施した施設は次のとおりです。

「募集・選定状況」欄の「選定結果」をクリックすると、各施設の選定結果を確認することができます。

 

平成28年度指定管理者公募施設一覧

No.

施設名称

所在市町

指定期間

担当課

募集・選定状況

1 栃木県防災館 宇都宮市 平成29年4月1日~平成34年3月31日

県民生活部

消防防災課

選定結果

2 とちぎ青少年センター 宇都宮市 平成29年4月1日~平成34年3月31日

県民生活部

人権・青少年男女参画課

選定結果

 

 

指定管理者制度の概要

平成15年6月の地方自治法の一部改正により、公の施設の管理に関して、従来の「管理委託制度」に代わり、新たに「指定管理者制度」が創設されました。

「指定管理者制度」は、近年、民間でも十分なサービス提供能力が認められる主体が増加していること、多様化する住民ニーズに対応するため、民間事業者の有するノウハウを活用することが有効である場合もあることから、公の施設の管理の委託先を公共団体、公共的団体、政令で定める出資法人から民間事業者にまで拡大し、住民サービスの向上と経費の縮減を図ることを目的に創設されたものです。

 

 地方自治法(抜粋)( PDFファイル ,19KB)

 

〔指定管理者制度と管理委託制度、業務委託の相違〕 
項目 指定管理者制度 管理委託制度 業務委託
相手先 地方公共団体が指定する法人その他の団体(民間事業者も幅広く含まれる。) 公共団体、公共的団体、政令で定める出資法人 民間事業者等
手法 「指定」という行政処分により公の施設の管理権限を当該指定を受けた者に委任する。 地方公共団体との契約に基づき、具体的な管理の事務又は業務の執行を委託する。 私法上の業務委託契約
権限 個々の使用許可が可能
利用料金制が可能
個々の使用許可は不可
利用料金制が可能
いずれも不可

 

栃木県における指定管理者制度の導入

本県においては、公の施設の指定管理者の指定に関して、手続の共通化を図るため、栃木県公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例等を制定しました。

 

 

指定管理者制度を導入している施設

本県では、まず、社会経済情勢や県民ニーズの変化に適切に対応していく観点から、廃止、民営化、市町村への移譲を含めた公の施設のあり方等に関する抜本的な検討を行いました。

次に、県の施設として維持すべきとされた施設であっても、その管理に民間の能力を活用して、住民サービスの向上を図るとともに、経費の節減等を図ることができる施設については、原則として、指定管理者の導入を図ることとしました。

なお、指定管理者制度は、民間事業者まで含めた幅広い対象の中から、当該施設の管理に最も相応しい管理者を指定する制度です。このため、指定管理者の選定方法は、公募を原則としています。

   

 

 指定管理者による公の施設の管理運営状況

平成26年度管理運営状況から、所管課室による評価に5段階評価を追加しました。

 

              

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

行政改革推進室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館10階

電話番号:028-623-2225

ファックス番号:028-623-2228

Email:gyokaku@pref.tochigi.lg.jp