重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2016年4月1日

ここから本文です。

きく

スプレー菊の栽培風景昭和23年(1985年)に塩谷町において露地ぎくを導入したのが始まり。昭和50年代に入ると、水田転作の推進によって生産が増加し、露地栽培から施設栽培への転換も進みました。

輪ぎくの主な産地は、大田原市や那須塩原市、下野市等であり、古くからきく栽培をしている伝統的な産地が多くなっています。

スプレーぎくの主な産地は、塩谷町や真岡市、鹿沼市等であり、消費者の需要の変化に伴い、多様な品種が栽培されています。

主な出荷先は、首都圏のほか、仙台、郡山といった東北方面等で、品質の良さから市場でも高く評価されています。

お問い合わせ

広報課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館3階

電話番号:028-623-2192

ファックス番号:028-623-2160

Email:kouhou@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告