重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2013年4月1日

ここから本文です。

診療用放射線照射器具

(第24号様式)診療用放射線照射器具備付届(ワード:53KB)

概要

次に該当するときに使用する様式です。
(1)病院又は診療所に、診療用放射線照射器具を備えようとするとき
(2)病院又は診療所に、診療用放射線照射器具であってその装備する放射性同位元素の物理的半減期が30日以下のものを備えようとするとき

提出期日 備付前
提出部数 1部(宇都宮市に所在する病院にあっては2部)
添付書類

(1)隣接室名、上階及び下階の室名並びに周囲の状況を明記した診療用放射線照射器具使用室、治療病室及び貯蔵室の平面図及び側面図
(2)診療用放射線照射器具使用室等の画壁等の外側の放射線線量測定結果報告書の写し
(3)その他知事が必要と認める書類

根拠条文 医療法第15条第3項、同施行規則第24条第4号及び第5号・第27条第1項及び第2項

(第26号様式)診療用放射線照射器具翌年使用予定届(ワード:26KB)

概要 次に該当するときに、翌年の使用予定を届け出る際に使用する様式です。
(1)病院又は診療所に、診療用放射線照射器具であってその装備する放射性同位元素の物理的半減期が30日以下のものを備えているとき
(2)病院又は診療所に、診療用放射性同位元素又は陽電子断層撮影診療用放射性同位元素を備えているとき
提出期日 毎年12月20日まで
提出部数 1部(宇都宮市に所在する病院にあっては2部)
根拠条文 医療法第15条第3項、同施行規則第24条第6号・第27条第3項

(第30号様式)診療用放射線照射器具に関する変更届(ワード:20KB)

概要

次に該当するときに使用する様式です。
1 物理的半減期が30日を超える放射性同位元素を装備している診療用放射線照射器具について次の事項を変更するとき
(1)診療用放射線照射器具の型式及び個数、装備する放射性同位元素の種類及びベクレル単位の数量
(2)診療用放射線照射装置を使用する医師、歯科医師又は診療放射線技師の氏名及び放射線診療に関する経歴
(3)診療用放射線照射器具使用室、貯蔵施設、運搬容器、診療用放射線照射器具により治療を受けている患者を入院させる病室の放射線障害の防止に関する構造設備及び予防措置の概要
2 物理的半減期が30日以下の放射性同位元素を装備している診療用放射線照射器具について次の事項を変更するとき
(1)放射性同位元素の種類ごとのベクレル単位の最大貯蔵予定数量及び1日最大使用予定数量
(2)診療用放射線照射装置を使用する医師、歯科医師又は診療放射線技師の氏名及び放射線診療に関する経歴
(3)診療用放射線照射器具使用室、貯蔵施設、運搬容器、診療用放射線照射器具により治療を受けている患者を入院させる病室の放射線障害の防止に関する構造設備及び予防措置の概要

提出期日 変更前
提出部数 1部(宇都宮市に所在する病院にあっては2部)
添付書類

(1)【診療用放射線照射器具使用室及び貯蔵施設の変更の場合】隣接室名、上階及び下階の室名並びに周囲の状況を明記した診療用放射線照射器具使用施設の平面図及び側面図
(2)診療用放射線照射器具使用室の画壁等の外側の放射線線量測定結果報告書の写し(「概要」の1(2)又は2(2)のみを変更した場合を除く。)

根拠条文 医療法第15条第3項、同施行規則第24条第11号・第29条第2項

(第35号様式)診療用放射線照射器具廃止届(ワード:21KB)

概要 病院又は診療所に、診療用放射線照射器具を備えなくなったときに使用する様式です。
提出期日 廃止後10日以内
提出部数 1部(宇都宮市に所在する病院にあっては2部)
根拠条文 医療法第15条第3項、同施行規則第24条第12号・第29条第1項

お問い合わせ

医療政策課 医療指導担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3084

ファックス番号:028-623-3131

Email:iryo@pref.tochigi.lg.jp