ここから本文です。

更新日:2016年5月13日

風しん抗体検査の実施について

 先天性風しん症候群の発生を予防するため、栃木県では平成28年4月1日から平成29年3月31日まで、協力医療機関、県広域健康福祉センター及び宇都宮市保健所において、妊娠を希望する女性等を対象に、無料で風しん抗体検査を実施します。

 対象の方は、ぜひ検査を受けましょう!

協力医療機関での検査(無料)

1.対象者

    栃木県内(宇都宮市を除く。)に居住する次のいずれかに該当する方

    ※宇都宮市にお住まいの方は、宇都宮市保健所にお問い合わせください。(028-626-1114) 

    ただし、過去に風しん抗体検査を受けたことがある方、明らかに風しんの予防接種歴がある方若しくは 

    検査で確定診断を受けた風しんの既往歴がある方は除きます。

    ① 妊娠を希望する女性

    ② ①の配偶者※1などの同居者※2

     ③ 風しんの抗体価が低い妊婦の配偶者※1などの同居者※2

       ※1 婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含む。

       ※2 同居者とは、生活空間を同一にする頻度が高い方をいう。

2.実施場所

     協力医療機関一覧(PDF:418KB)

3.検査の手順

    ①電話で申し込む(予約

      ご希望の協力医療機関へ直接電話してください。

    ②協力医療機関での受診、採血

      予約した日時に協力医療機関にお越しください。

    ③結果通知

      協力医療機関から結果をお知らせします。 

県広域健康福祉センター及び宇都宮市保健所での検査(無料)

1.対象者

    栃木県内に居住する次のいずれかに該当する方

    ただし、過去に風しん抗体検査を受けたことがある方、明らかに風しんの予防接種歴がある方若しくは 

    検査で確定診断を受けた風しんの既往歴がある方は除きます。

    ① 妊娠を希望する女性

    ② ①の配偶者※1などの同居者※2

     ③ 風しんの抗体価が低い妊婦の配偶者※1などの同居者※2

       ※1 婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含む。

       ※2 同居者とは、生活空間を同一にする頻度が高い方をいう。

2.実施場所

検査実施場所 検査日時 住所及び連絡先
県西健康福祉センター

毎週木曜日

11:00~12:00(予約制)

鹿沼市今宮町1664-1

0289-64-3125

県東健康福祉センター

毎週火曜日

11:00~12:00(予約制)

真岡市荒町2-15-10

0285-82-3323

県南健康福祉センター

毎週水曜日

10:00~11:00(予約制)

小山市犬塚3-1-1

0285-22-1219

県北健康福祉センター

毎週火曜日

13:00~14:00(予約制)

大田原市住吉町2-14-9

0287-22-2679

安足健康福祉センター

毎週火曜日

11:00~12:00(予約制)

足利市真砂町1-1

0284-41-5895

宇都宮市保健所

毎週水曜日

11:00~12:00(予約制)

宇都宮市竹林町972

028-626-1114

 

3.検査の手順

    ①電話で申し込む(予約

      ご希望の検査実施場所へ直接電話してください。

      ※検査対象者に該当するか否かを確認します。

    ②採血

      予約した日時に検査実施場所にお越しください。

    ③結果通知

      郵送または検査実施場所で結果をお知らせします。 

 

そもそも、風しんって?

 風しんとは、風しんウイルスの飛沫感染(「せき」や「くしゃみ」のしぶきに含まれる風しんウイルスを吸い込むことで感染)によっておこる感染症です。発疹、発熱、リンパ節の腫れが主な症状で、「三日はしか」とも呼ばれるように、発疹も発熱も3日間程度で治りますが、まれに脳炎などの合併症を起こすことがあります。

先天性風しん症候群って?

 風しんに対する免疫が不十分な妊娠初期(特に妊娠20週頃まで)の女性が風しんウイルスに感染すると、胎内感染により、難聴や心疾患、白内障、精神・身体発達の遅れ等の症状をもった赤ちゃんが生まれる可能性があります。赤ちゃんのこれらの病気を、先天性風しん症候群と呼びます。

予防について(予防接種)

 赤ちゃんを先天性風しん症候群から守るためには、家族みんなが予防接種により免疫をつけ、感染を予防することが重要です。風しん抗体検査の結果、抗体価が低い場合には予防接種をご検討ください。

※妊娠中の女性は予防接種を受けることができません。

※妊娠を希望される女性や、妊娠中の女性の周囲の方(家族、職場等)も抗体検査や予防接種の実施についてご検討ください。

※女性の場合、予防接種後は少なくとも2か月間の避妊が必要です。

※一部市町では予防接種の助成を行っているところがあります。事前に助成の有無及び対象となる医療機関について、お住まいの市町予防接種担当課へお問い合わせください。 

 

 <参考>成人への風しん予防接種を実施している医療機関

         栃木県内(宇都宮市を除く。)の医療機関(外部サイトへリンク)(栃木県医師会ホームページ)

         宇都宮市内の医療機関(外部サイトへリンク)(宇都宮市保健所ホームページ)

風しん抗体検査の結果について

  栃木県(宇都宮市を除く。)で実施している風しん抗体検査の結果は次のとおりです。

  検査の結果、免疫が不十分な方は予防接種をご検討ください。

風しん抗体検査2704-2803

 

 

    (参考)検査結果の見方    出典:厚生労働省

         8倍未満   ・・・免疫を保有していないため、ワクチンの接種を推奨します。

         8倍、16倍 ・・・過去の感染や予防接種により風しんの免疫はありますが、風しんの感染予防に

                  は不十分です。確実な予防のため、ワクチンの接種を推奨します。

         32倍以上  ・・・風しんの感染予防に十分な免疫を保有していると考えられます。

                    ワクチンの接種は、基本的に必要ありません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康増進課 感染症・新型インフルエンザ対策担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3089

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp