ここから本文です。

更新日:2016年1月28日

公営電気事業

公営電気事業とは

栃木県では現在9ヶ所の発電所を運営しています。このように、地方公共団体が経営する発電事業を、公営電気事業といい、現在25都道府県1市の26の事業体があります。発電した電気は小売電気事業者に供給しています。
公営電気事業の役割はいくつかあります。石油に代わるエネルギーとして積極的に中小水力発電の開発を行ってきたのも、そのひとつです。中小水力発電所の建設により、電源立地地域対策交付金が地元市町村に交付されることで地域の振興に貢献しています。
水力発電は「純国産のエネルギー」です。また二酸化炭素を排出しない「クリーンエネルギー」の確保という点からも、公営電気事業の果たす役割は大きいものがあります。


栃木県電気事業のあゆみ

年月

栃木県電気事業のできごと

昭和28年10月 川治発電所建設事務所設置(土木部内)
昭和29年5月 川治第一発電所着工
昭和31年5月 川治第一発電所営業運転開始
昭和31年6月 電気局(現在の企業局前身)設置
昭和31年12月 川治第二発電所着工
昭和33年6月 川治第二発電所営業運転開始
昭和33年11月 川治第三湯西川発電所建設事務所設置
昭和34年10月 湯西川発電所着工
昭和35年12月

湯西川発電所営業運転開始

風見発電所建設事務所設置

昭和36年12月 風見発電所着工
昭和39年4月 風見発電所営業運転開始
昭和45年4月 板室発電所建設事務所設置
昭和46年3月 板室発電所着工
昭和47年8月

川治発電管理事務所設置

川治地区発電所集中制御化

昭和48年5月 板室発電所営業運転開始
昭和57年4月

足尾発電所建設事務所設置

深山発電所建設事務所設置

昭和57年9月 足尾発電所着工
昭和57年10月 深山発電所着工
昭和59年4月 深山発電所営業運転開始
昭和59年10月 東荒川発電所建設事務所設置
昭和60年10月 足尾発電所営業運転開始
昭和61年3月 東荒川発電所着工
平成元年4月 木の俣発電所建設事務所設置
平成元年7月 木の俣発電所着工
平成2年4月 東荒川発電所営業運転開始
平成3年12月 今市発電管理事務所着工
平成5年3月 木の俣発電所営業運転開始
平成5年4月

今市発電管理事務所設置

9発電所の集中制御開始

平成7年4月 深山ダム及び板室ダムの管理を農務部(現農政部)に移管
平成17年4月 板室発電管理事務所を廃止し、今市発電管理事務所の支所に改組
平成18年9月 小網発電所着工
平成18年10月 国営湯西川ダム建設事業の実施に伴い湯西川発電所廃止
平成19年12月 小網発電所営業運転開始
平成27年7月 大下沢発電所着工
平成27年10月 五十里発電所着工
平成28年10月 小百川発電所着工

 

お問い合わせ

電気課

〒320-0031 栃木県宇都宮市戸祭元町1-25 県庁舎北別館1階

電話番号:028-623-3833

ファックス番号:028-623-3826

Email:kigyo-denki@pref.tochigi.lg.jp