ここから本文です。

更新日:2011年2月21日

東荒川発電所

東荒川発電所は、荒川河川総合開発事業の一環として、塩谷郡塩谷町大字上寺島地内に多目的として建設された東荒川ダムからの放流水を利用して発電する、ダム式発電所です。

ダムの流入量を増加させるために、荒川の支川である尚仁沢(しょうじんざわ)川に集水用取水堰を設け、導水路を経て東荒川ダムに貯留されます。

東荒川ダム本体に設けられた利水放流管、水圧管を経て最大で毎秒1.60立方メートルを使用して、発電機を運転、最大600kWの発電を行います。発電に使用した水は、放水口を経て東荒川ダム直下の減勢工左岸に戻されます。

また、東荒川ダム、取水用取水堰及び利水放流管等は、共同施設です。

東荒川発電所の概略図


 

東荒川ダムの写真東荒川ダム

重力式コンクリートダムで、総貯水量610万立方メートルです。高さ約70m、長さ276mのダムです。

このダムは、農業、水道、発電等のために造られ、栃木県県土整備部で管理しています。


 

東荒川発電所水圧管の写真水圧管

東荒川ダムの水は、この管を通って発電所へ流れていきます。


 

東荒川発電所建屋の写真発電所全景

最大出力600kWで、毎秒1.60立方メートルの水を使用します。発電設備は、建物の中にあります。

 

 

 

栃木県営発電所施設案内に戻る

お問い合わせ

電気課

〒320-0031 栃木県宇都宮市戸祭元町1-25 県庁舎北別館1階

電話番号:028-623-3833

ファックス番号:028-623-3826

Email:kigyo-denki@pref.tochigi.lg.jp