重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県水産試験場 > とちぎの水産業(農林水産統計から)

更新日:2021年4月27日

ここから本文です。

とちぎの水産業(農林水産統計から)

河川湖沼漁業

天然遡上アユのある那珂川水系など県内全域でイワナ、ヤマメ、アユ、ウグイ等を主体とした河川漁業が営まれています。販売目的で漁獲された魚種では、アユの漁獲量が最も多く97%を占めています。湖沼漁業では、中禅寺湖などの自然湖と川俣湖、谷中湖などの人工湖があり、ヒメマスやサクラマス(ヤマメ)、コイ等の好漁場となっております(漁業・養殖業生産統計2019)。これらの河川湖沼には、20の漁業協同組合が設立され、保護増殖や漁場管理に当たっています。

2018年漁業センサスの調査結果では、年間約99千枚の遊漁承認証が発行されています。なかでも年間券と期間券の発行枚数はそれぞれ全国第3位に位置しており、栃木県の河川湖沼は全国屈指の漁場となっています。

  

養殖漁業

ニジマス(284t、全国第5位)や、アユ(310t、全国第4位)、地域特産魚であるヤシオマスを中心とした池中養殖業が58の経営体により行われています(漁業・養殖業生産統計2019)。近年、魚病の蔓延、飼料の高騰による生産コストの上昇や、養殖魚の販売不振・魚価の低迷による売上高の減少など様々な課題が顕在化しており、これまで以上に実需者・消費者ニーズに即した魚づくりやコストダウンが急務となっています。また、河川湖沼への放流魚を供給するという重要な役割も担っています。

 

内水面漁業生産統計調査(農林水産省)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

水産試験場

〒324-0404 大田原市佐良土2599

電話番号:0287-98-2888

ファックス番号:0287-98-2885

Email:t-suisan@isis.ocn.ne.jp