ここから本文です。

更新日:2018年5月21日

山レジャーの注意点

 出発する前に

 万が一のために、行き先や帰宅時間を家族などに伝えてから出発しましょう。

服装と持ち物

服装

  • 虫や紫外線から肌を守るため、長袖・長ズボンや帽子を着用しましょう。
  • 上着等を用意し、体温調節しやすい格好を心がけましょう。
  • 黒の服や香水はスズメバチを刺激する可能性があります。

 長時間履いていても疲れない履き慣れた靴を履きましょう。

雨具

 天気が荒天したときのために雨具を携帯しましょう。防寒着の代わりにもなります。

飲み物等

  • 飲料水を用意し、水分をこまめにとりましょう。
  • 必要に応じて行動食を用意しましょう。

その他

  • 虫除けスプレーや虫に刺された際の薬の携帯を推奨します。
  • 目的に応じて地図やコンパス、応急処置用品を用意しましょう。
  • 事前に天気予報等で天候について確認しましょう。

注意するべき生きもの

自然の中には様々な生きものがいます。周囲に注意をして危険を回避し、安全に楽しく自然を満喫しましょう。

スズメバチ

スズメバチ■黒の衣服は避け、香水等の匂いをつけないようにしましょう。 

■ハチが接近した場合は刺激しないようにハチが去るのを待ち、巣があることに気がついた場合は、そっとその場から離れましょう。

■万が一襲われた場合は、頭上で衣類などを振り回し、ハチの攻撃をそらしながら逃げましょう。

■刺された場合は流水で流し、速やかに病院で手当を受けましょう。

マダニ

マダニ■マダニの中には病原体を持っているものがあり、咬まれるとさまざまな感染症を発症する可能性があります。

■マダニが付着しないよう肌の露出を避け、首元や袖等の隙間をなくすように心がけましょう。

■体にマダニが付着していないか確認し、吸血しているマダニを発見した場合は無理に剥がそうとせず、医療機関で処置してもらいましょう。

リンク:重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について(健康増進課)

マムシ

マムシ■草むらなどを歩く場合は、厚手の長靴等を着用しましょう。

■ヘビを発見した場合は刺激しないようにその場を去りましょう。

■咬まれた場合は、咬傷部より心臓側で軽く縛り安静にして早急に病院で診察を受けましょう。

ヤマビル

ヤマビル■毒や病原体はもっていませんが、吸血されるとヒルの唾液に血液の凝固を防ぐ成分が含まれるため、長時間出血が続きます。

■ヤマビルが付着しないよう肌の露出を避け、首元や袖等の隙間をなくすように心がけ、虫除けスプレーを塗布しましょう。

■吸血された場合は、虫除けスプレーなどをかけて剥がし、患部から血を絞り出して水洗い・消毒した後に抗ヒスタミン剤(虫さされ用軟膏など)を塗布し、絆創膏などで傷口を保護しましょう。

     ※吸血したヤマビルはすぐに産卵、増殖するため、可能であれば虫除けスプレー等をかけ、その場で駆除しましょう。

お問い合わせ

自然環境課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-3211

ファックス番号:028-623-3212

Email:shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp