ホーム > 福祉・医療 > 高齢者 > 介護保険 > 介護保険情報 > 介護保険制度の介護サービスを受けたい

ここから本文です。

更新日:2010年11月30日

介護保険制度の介護サービスを受けたい

よくある質問Q&A

介護保険からサービスを受けるためには、要介護認定を受けることが必要です。要介度により、在宅サービスを受けられる限度額や、施設に入った場合のサービス利用料が異なります。
1 市町村窓口に被保険者証を持参の上、認定の申請をします。(30日以内に結果が通知されます。)
2 認定を受けた方は居宅介護支援事業者を選んで、介護サービス計画を作成します。
(心身の状態、家族の状況、介護保険支給限度額等に応じて、どんな介護サービスが必要か、計画を作成します。自分で作成することもできますが、計画作成に利用者負担はなく、全額介護保険でまかなわれます。)
3 計画したサービスの提供事業者と契約し、サービスの利用がはじまります。在宅の場合、要介護度に応じた限度額の範囲内であれば、1割の利用者負担でサービスが利用できます。

お問い合わせ

お問い合わせ

高齢対策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3048

ファックス番号:028-623-3058

Email:kaigo@pref.tochigi.lg.jp