ホーム > 福祉・医療 > 健康・保健衛生 > 精神保健 > 栃木県精神保健福祉センターデイケア

ここから本文です。

更新日:2016年4月13日

栃木県精神保健福祉センターデイケア

タイトル

当センターでは3種類のデイケア(PDF:110KB)を実施しています。

参加には主治医の許可(主治医の意見書)が必要です。(うつショート・スキルアップデイケアは所定様式あり)

医療保険、自立支援医療(精神通院)が適用されます。

 

1.うつ病ショートケア(通称「うつショート」)

休止中です。

2.精神科デイケア(通称「P-デイ(ぴーでい)」)

精神疾患があり、年齢は原則18歳以上の方を対象としています。

1年を通して実施しています。

毎週火曜日(9時30分~16時00分)。

AMはパン作りを中心とした集団作業活動を行い、PMはミーティングなどの対人技能向上系プログラムを実施しています。随時参加可能です。

詳細についてはこちら(PDF:110KB)を参照ください。

注)主治医意見書に所定の様式はありません。

3.スキルアップデイケア

慢性的な希死念慮があり、自傷行為、自殺未遂の経験のある方で原則15歳以上~50歳未満の方を対象としています。

疾患については、統合失調症、重度のうつ病、認知症、その他脳器質的な疾患をベースにする方は対象外としています。

参加の適応については、面接及びデイケア担当医師との診察によって判断します。※医療機関に継続して通院している者に限る

1年を通して実施しています。

毎週木曜日の週1回。13時00分~16時00分。1モジュール5回シリーズで、3モジュール1クールで実施(複数クールに継続して参加も可能。※1クール終了ごとにデイケア担当者と相談し、継続参加について検討していきます)

前半は心理教育やミーティング、後半はスキルトレーニングを実施します。

詳細はこちら(PDF:59KB)を参照ください。

所定様式こちら(ワード:10KB)

詳しくは当センターまでお問い合わせください。

4.スキルアップTeens

慢性的な希死念慮があり、自傷行為、自殺未遂の経験のある方で10代で主に在学生の方を対象としています。

疾患については、統合失調症、重度のうつ病、認知症、その他脳器質的な疾患をベースにする方は対象外としています。

参加の適応については、面接及びデイケア担当医師との診察によって判断します。なお、主治医がいる方については、主治医の意見書が必要です。)

前半は心理教育やミーティング、後半はスキルトレーニングを実施します。

詳細はこちら(PDF:78KB)を参照ください。

スキルアップデイケアを簡略化した10代向けの特別プログラムです。

長期休暇(夏期・冬期)を利用した4週間(4回)で実施します。

所定書式こちら(ワード:24KB)

詳しい日程はお問い合わせください。

 

申し込み及び参加の流れ

主治医より「意見書」を作成してもらった後、当センターに電話にてご相談ください。日程調整を行い、面接後、デイケア担当医師の診察を経て参加の可否が決定されます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

精神保健福祉センター

〒329-1104 宇都宮市下岡本町2145-13

電話番号:028-673-8785

ファックス番号:028-673-6530