ホーム > 産業・しごと > 農業 > 農地・農村 > 栃木県の中山間地域等直接支払制度

ここから本文です。

更新日:2016年6月14日

栃木県の中山間地域等直接支払制度

 中山間地域等直接支払制度の目的

中山間地域は流域の上流部に位置することから、中山間地域の農業・農村が持つ水源かん養、洪水防止、土壌の浸食や崩壊の防止などの多面的機能によって、下流域の都市住民を含む多くの国民の財産、豊かな暮らしが守られています。

しかし、中山間地域では、過疎化・高齢化が進む中で自然的・経済的・社会的条件の不利性から、担い手の減少、耕作放棄地の増加などによって、多面的機能が低下し、国民全体にとって大きな経済的損失が生じることが心配されています。

このため、耕作放棄地の増加などによって多面的機能の低下が特に懸念される中山間地域において、農業生産の維持を図りながら、多面的機能を確保するという観点から、国民的な理解の下に平成12年度より「中山間地域等直接支払制度」が実施されています。

また、平成27年4月1日から「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」が施行され、法律に基づき実施されています。

日本型直接支払制度とは

中山間農業地域と平地農業地域

 

中山間地域

さらに詳しい内容はこちらへ

中山間地域とは

中山間地域の取組の紹介(平成27年6月更新)
   ・・・中山間地域の各事業の取組や活性化事例を紹介します。

中山間地域等直接支払制度の概要(第4期対策)(PDF:4,912KB)(H28年6月更新)

(分割版 1(PDF:1,785KB)2(PDF:1,797KB)3(PDF:1,761KB)4(PDF:579KB)

中山間地域で活動するみなさんを応援します!(PDF:1,909KB)~集落協定締結のすすめ~(H28年3月掲載)

(分割版1(PDF:884KB)2(PDF:400KB)3(PDF:502KB)4(PDF:533KB)

平成28年度超急傾斜農地保全管理加算取組チラシ(PDF:235KB)(H28年6月掲載)

平成28年度集落戦略チラシ(PDF:618KB)(H28年6月掲載)

栃木県の対象地域

県内では、中山間地域等直接支払制度の対象となる市町は、14市町あります。

対象地域(第4期対策)

栃木県の中山間地域等直接支払制度取組状況

栃木県では、平成28年3月現在、中山間地域等直接支払制度を11市町で実施し、214の協定が結ばれています。

実施状況

平成22年度の実施状況(PDF:2,343KB)

平成23年度の実施状況(PDF:2,343KB)

平成24年度の実施状況(PDF:905KB)

平成25年度の実施状況(PDF:1,035KB)

平成26年度の実施状況(PDF:805KB)

平成27年度の実施状況(PDF:673KB)(平成28年6月掲載)

那須烏山市国見の棚田における夢大地応援団

(写真)那須烏山市:国見の棚田における夢大地応援団活動)

 

茂木町入郷の棚田

(写真)茂木町:入郷の棚田

農村振興課トップページに戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農村振興課 中山間地域担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-2334

ファックス番号:028-623-2337

Email:noson-sinko@pref.tochigi.lg.jp

広告