ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 農地整備課 > 農業農村整備ってなあに?

ここから本文です。

更新日:2017年3月27日

農業農村整備ってなあに?

農地や農村は、人類の生存にとって最も大切な「食料の生産基地」であるとともに、美しい景観や豊かな生態系を育む「自然の宝庫」でもあります。農業とは、これら自然の中で営まれる生命産業であり、その核となるのが「農地」と「水」です。

農地整備課では、農家による申請、地域の皆さんの同意という手続きのもとで、農業を根っこから支える田や畑、水路、道路などの整備をするとともに、土地の権利を明確にして、次世代へ繋がる力強い農業の実現と、安心して暮らせる豊かな農村づくりを目指しています。 

農業農村整備事業とは

農業は、都市の工場やオフィスビルへの通勤とは違って、農村における生活の場と仕事の場が、一体となった空間で行われています。

豊かな自然環境を守りながら一方では様々な工夫をし、効率よくおいしい作物を生産できるようにするための農業生産基盤の整備と農村の生活環境を改善する事業とをあわせて「農業農村整備事業」といいます。 

農地の整備

農家の方が働きやすい職場環境を整えるために、農地の区画整理を行います。また、水はけを良くして色々な作物が作れるようにします。さらに、意欲ある農家が効率よく農地を使えるように、農地の利用集積をお手伝いします。

かんがい排水施設の整備

作物の生産に不可欠な農業用水を確保するために、ため池や堰(せき)、水路などを造り効率良く農地まで水を運びます。また、不要となった水を大きな河川などに排水するために水路やポンプなどを作り直します。

 

農道の整備

農作物の収穫を楽にしたり、良好な品質を保って効率よく輸送できるように、 農地や集落の中の道路を整備します。

農地防災災害復旧

地震や大雨などによる被害をできるだけ少なくするように、古くなって危ない農業用施設を頑丈にします。また、被害を受けてしまった農地や農業用施設をもとの姿に復旧します。

換地と交換分合( PDFファイル ,203KB)

農地の区画整理などを行うと土地の形や位置が変わってしまうため、新しく生まれ変わった農地や道路、水路などの所有者や耕作者を決め直します。また、工事せずに農地を交換することもあります。

事業メニュー一覧表(PDF:373KB)

土地改良法による事業施行手続き(PDF:69KB)

土地改良法制度の特徴(PDF:115KB)

地元農家の声(ほ場整備を終えて)(PDF:18KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農地整備課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-2364

ファックス番号:028-623-2378

Email:nochi-seibi@pref.tochigi.lg.jp