ホーム > 産業・しごと > 農業 > 農地・農村 > むらおこしプランナー事業の概要

ここから本文です。

更新日:2018年6月5日

むらおこしプランナー事業の概要

1  目的

   中山間地域等の農地・土地改良施設の保全や地域住民活動の促進を図るため、地域づくりなどの豊富な知識や経験を有する「むらおこしプランナー」を地域に派遣し、多様な住民活動の展開を支援します。

2  事業内容

むらおこしプランナーの登録・派遣

むらおこしプランナーとは

    大学教員、ふるさと保全指導員、鳥獣管理士など、地域づくり等に関する知識や経験を有し、地域の活性化に取り組む組織に助言・ 指導等を行う者です。
    地域のニーズにあわせて、県内各地域に派遣され、研修・実演等をとおして住民活動を支援しており、現在、34名のむらおこしプランナーが登録されています。

    現在登録されているむらおこしプランナーの一覧については、こちら(PDF:58KB)を御覧下さい。                   

  【むらおこしプランナーの登録期間:3年間(ふるさと保全指導員に委嘱されている者:5年間)】    

支援内容

   むらおこしプランナーが支援できる内容の例は、以下のとおりです。

  (1)都市農村交流、特産品の開発・販路開拓、ワークショップの手法など地域づくりに対する支援

  (2)農村景観や生態系保全、農地・水路の保全、鳥獣被害対策など農村環境保全に対する支援

  (3)地域の歴史、郷土料理の伝承の手法など伝統文化の継承に対する支援 

派遣可能地域

(1)中山間ふるさと・水と土保全対策事業(ふる水基金)の対象地域

   ①中山間地域関連3法(特定農山村法、山村振興法、過疎法)の指定地域を含む市町

   ②ふるさと水と土基金が造成されている市町村の区域

   ③中山間地域等直接支払制度取組集落の属する地域(旧市町村単位)

 

(2)中山間ふるさと・水と土保全推進事業(棚田基金)の対象地域

   ①主傾斜20分の1以上の農地面積が当該地域の全農地の50%以上を占める地域

   ②直接支払制度取組地域で急傾斜農用地の区域

   ③残したい栃木の棚田21認定地区

派遣費用

無料(予算の範囲内で県が負担します。)

むらおこしプランナーの派遣に関するお問合せ

お住まいの地域を管轄する農業振興事務所にお問合せください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農村振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-2363

ファックス番号:028-623-2337

Email:noson-sinko@pref.tochigi.lg.jp

広告